Record China

ヘッドライン:

日本にできて中国にできないこと=中国が大量消費する電気部品、多くが日本製―中国メディア

配信日時:2018年5月15日(火) 8時0分
拡大
中国は電子部品の巨大な市場であり、1年の消費は膨大な数になる。そのうち、日本の蓄電池と抵抗器が多くを占めている。資料写真。

現代人にとってなくてはならないものとなっているスマートフォン。そのスマートフォンには蓄電池(キャパシタ、コンデンサ)や抵抗器(レジスタ)といった電子部品が多く使われている。中国は電子部品の巨大な市場であり、1年の消費は膨大な数になる。そのうち、日本の蓄電池と抵抗器が多くを占めている。以下は14日付で中国科技網が伝えた記事の概要。

蓄電池と抵抗器は電子部品の主要な存在で、日本は世界でも大きなシェアを獲得している。村田製作所やTDKといった企業が代表的で、ハイエンドな製品を得意としている。一方の中国はミドル・ローエンド製品が中心だ。

中国の専門家は「中国企業も、軍事用など特殊な蓄電池や抵抗器を作ることはできる。日本との差は大量生産における品質の維持だ。スマートフォンやパソコン、家電、自動車などの消耗品が最も蓄電池と抵抗器を使っており、この分野での利用において最も重要なのは品質の統一である。品質を保ちつつ不良品を出さないのが重要となり、この点で日本は非常に優れている」と語っている。

電子部品は非常に小さいため、部品の基となる材料への要求も高く、材料が優れていないと部品の性能も低下してしまう。日本はこの材料の生産でも高い技術力を持っており、ハイエンド製品に力を注いでいる。日本は小さく性能が良い電子部品の製造にたけている。現在のスマートフォンやパソコンはより薄く、軽くなる傾向があり、こうした小さい部品が重宝される。さらに、自動車、とりわけ電気自動車では多くの蓄電池や抵抗器が使われている。自動車の電子部品市場は巨大だが、部品に対する要求が高いため、高い技術を持つ日本が市場で優位な立場を維持することが予想される。(翻訳・編集/内山

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本製造業は「ものづくり」から「もの・事の重視」へ―中国メディア

現代社会は物質的に極めて豊かになり、人々の物欲はかえって低下し、日本を訪れる外国人観光客も「爆買い」から体験の重視へと転換し、日本製造業もこうした流れの中、単なる「ものづくり」から「ものと事とをともに重視する」姿勢へと変わりつつある。

人民網日本語版
2018年4月24日 14時50分
続きを読む

ランキング