【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

50カ国調査、中国人の9割が将来に楽観的―中国メディア

配信日時:2018年11月17日(土) 14時30分
50カ国調査、中国人の9割が将来に楽観的―中国メディア
画像ID  990969
国際在線は16日、英国の経済系シンクタンクがこのほど世界50カ国で実施したアンケート調査結果によると、中国で「国の未来を楽観している」と答えた割合が91.4%で最も高かった。写真は中国の親子。
国際在線は16日、英国の経済系シンクタンクがこのほど世界50カ国で実施したアンケート調査結果で、中国で「国の未来を楽観している」と答えた割合が91.4%で最も高かったと報じた。「中国の人々は今後10年は発展が続き、より良い社会が築けるとみている」という。

調査は、中国、インドネシア、ベトナムでは、回答者の7割以上が「国家運営は今後、さらに良くなる」と予測した。中でも中国人の将来に対する楽観は、過去40年の安定的な経済成長に基づくものとみられる。中国人1人当たりの可処分所得は40年間で23倍近くに増え、1人当たりの平均消費支出は18倍になったという。

また、都市化が進んで人々の生活水準が向上したことも挙げられている。40年前は農村人口が全体の8割を占めたが、今では都市化率が60%を超え、人口500万人以上の都市も16カ所に増えたという。記事は、インフラ整備も進み、環境保護意識も高まったことで、中国の人々は「今後も国はさらに良くなる」と感じるようになったとみられると伝えた。(編集・翻訳/大宮)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/11/17 16:30)

    >中国の人々は今後10年は発展が続き、より良い社会が築けるとみている 中国国営放送ばかり見ているからそうなるのだ。第二次世界大戦中の日本でも、ラジオの〈大本営発表〉ばかり聞いていたため『日本が戦争に勝つに決まっている』とほとんどの国民が信じていた。中国は戦中の日本を〈ロールモデル〉にしているようだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事