Record China

ヘッドライン:

マリアナ海溝に大量のプラスチックごみ、日本の研究機構が発見=中国ネット「環境保護は一人ひとりに責任がある」

配信日時:2018年5月15日(火) 20時20分
拡大
12日、新京報は、マリアナ海溝に大量のプラスチックごみがあると伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2018年5月12日、新京報は、マリアナ海溝に大量のプラスチックごみがあると伝えた。

記事によると、日本の海洋研究開発機構(JAMSTEC)の科学者らによる調査で、世界で最も深いマリアナ海溝で大量のごみが見つかった。海洋研究開発機構はマリアナ海溝で5010回潜水活動を行ってきたが、その様子を記録した映像などを調べたところ、見つかった大量のごみのうち約33%がプラスチックごみだったという。

環境問題の専門家は、「人類は海洋資源を採掘することで直接的に深海生物の生態系を破壊しているが、プラスチックごみも明らかに深海生物の生態系に影響を及ぼしている」と語った。

これに対し、中国のネットユーザーから「人類は地球の寄生虫だな」「これは処理しきれないごみをわざと捨てているんだろうな」「救いようがないだろ。自らを滅ぼす行為はわれわれの時代に始まったことではないし」「人類というのは何でもするからな。天に上り地に入り、海だって放ってはおかない。あとは宇宙へ行くだけだ」などのコメントが寄せられた。

また、「科学技術の発展と生態文明とではどちらが大切なのだろう」「生態系の保護は人類の保護につながる」「環境保護は一人ひとりに責任がある」などの意見もあり、多くのネットユーザーが環境保護の大切さを改めて感じたようである。(翻訳・編集/山中)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国が海外からのごみ密輸取り締まり強化へ―中国メディア

中国外交部の耿爽報道官は6日の定例記者会見で、「固形廃棄物の輸入制限・禁止は中国にとってエコ文明の構築を推進する上で重要な措置だ。中国側は固形廃棄物輸入管理制度改革をゆるぎなく推し進め、海外からのごみ密輸を取り締る」と表明した。資料写真。

人民網日本語版
2018年2月9日 5時0分
続きを読む

中国が要らない海外ごみを日本が欲しがる?―米メディア

米ブルームバーグは9日、廃プラスチックや古紙など再利用できる資源ごみの輸入によって製造業の急成長を支えてきた中国が、今年末までに資源ごみの海外からの輸入禁止を表明する中、日本はそうした海外ごみに目をつけていると伝えた。資料写真。

Record China
2017年10月11日 15時40分
続きを読む

街の隅々にまで体現されている日本人の民度の高さ=「日本に行かなければ文明的とは何かを理解することはできない」―中国ネット

29日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本の街には隅々にまで民度の高さが体現されているとする記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はコンビニのごみ箱。

Record China
2017年6月30日 8時10分
続きを読む

ランキング