中国軍機8機が宮古海峡からバシー海峡上空まで飛行、自衛隊機がスクランブル=「日常の活動です」「別に日本の領空を侵したわけじゃない」―中国ネット

配信日時:2018年5月12日(土) 17時0分
中国軍機8機が宮古海峡からバシー海峡上空まで飛行、自衛隊機が出動
画像ID  990694
11日、環球時報は、自衛隊統合幕僚監部からのお知らせを引用し、中国軍機8機が宮古海峡からバシー海峡上空まで飛行したと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2018年5月11日、環球時報は、自衛隊統合幕僚監部からのお知らせを引用し、中国軍機8機が宮古海峡からバシー海峡上空まで飛行したと伝えた。

自衛隊統合幕僚監部によると、5月11日、中国のH6爆撃機4機、TU154情報収集機1機、Y8電子戦機1機、戦闘機2機(推定)の合計8機が、宮古海峡を抜けた後、バシー海峡の方向へ飛行し、自衛隊機がスクランブル対応した。

記事によると、中国軍機はバシー海峡まで行った後、再び宮古海峡を通って東シナ海へと戻って行ったという。記事は、中国軍機がバシー海峡付近まで飛行したことについては、自衛隊では報告されていないと伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーから「別に日本の領空を侵したわけじゃないし」「日常の活動ですから座っていてください」「そんなに驚くことじゃないから日本は座って。こんなの日常茶飯事ですから」などのコメントが寄せられた。

また、自衛隊統合幕僚監部は中国軍機の写真付きで報告しているため、「お抱えカメラマンからの報道ですね」「御用達カメラマンが撮るときれいに撮れるな」「日本人は本当に仕事が真面目だな。(中国軍機の)写真が良く撮れている」「良くまとめられた報告をありがとう」などの意見もあった。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事