Record China

ヘッドライン:

中国で急成長のバッテリーメーカー「寧徳時代」が日本市場へ進出―中国メディア

配信日時:2018年5月12日(土) 5時0分
拡大
11日、新浪経済は、バッテリー大手の寧徳時代新能源科技(CATL)が、日本市場へ進出すると伝えた。資料写真。

2018年5月11日、新浪経済は、バッテリー大手の寧徳時代新能源科技(CATL)が、日本市場へ進出すると伝えた。

記事によると、寧徳時代は5月下旬に横浜に営業所を設立し、2020年までに世界最大の車搭載用バッテリー企業となること目指すという。業務拡大のために日本の自動車メーカーの供給業者となる必要があると考えており、日本の営業拠点を通してトヨタやホンダ、日産などへの営業を強化し、日本常駐の技術者を段階的に増やして各メーカーの研究開発センターへ派遣する予定だ。

寧徳時代は、2011年に設立後、自動車搭載用バッテリーの分野で政府の支援を受け、急速に成長した。2017年度の売り上げは前年同期比で34%増となり、199億元(約3390億円)に達し、純利益は31%増の39億元(約665億円)となったという。記事は「BMWやフォルクスワーゲン、GMなどの欧米自動車メーカーと連携しているが、日本メーカーとの関係を構築することが課題となっている」と伝えた。

また、寧徳時代は4月には深セン市場に上場したほか、欧米でも工場建設を計画しており、2020年までにバッテリー生産能力を倍増させて50ギガワット時とする計画。2017年にはすでに12ギガワット時となっており、調査会社のテクノ・システム・リサーチによると、10ギガワット時を超えるメーカーとしてはパナソニックに匹敵する世界最大規模の電池メーカーだという。(翻訳・編集/山中)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング