超高級車各社が激しい販売合戦を展開 ベンツさえも25%割引―中国メディア

配信日時:2012年3月29日(木) 5時37分
超高級車各社が激しい販売合戦を展開 ベンツさえも25%割引―中国メディア
画像ID  321541
26日、人民網日本語版は中国での高級車促進販売に関して報道した。2012年の中国の超高級車販売台数増加率は前年の34%から24%に低下すると予想されており、超高級車の黄金時代はすでに終了したという。写真はベンツ。
2012年3月26日、人民網日本語版は中国での高級車促進販売に関して報道した。ベンツを買おうと思っている消費者にとって、今が間違いなく最高のタイミングだ。販売元のダイムラー・クライスラーは現在、中国で大規模な販売促進キャンペーンを展開しており、ディーラーが打ち出す割引率は最高で25%にも達するからだ。これほどの割引率はベンツの販売史上で前例のないことだという。中国経済網が伝えた。

その他の写真

この情報は網站車市網がこのほど伝えたもので、超高級車を取り扱う中国の自動車ディーラー約3000カ所が打ち出す価格を追跡モニタリングして明らかになった。一部のディーラーはベンツS300シリーズを最高で25%割引し、BMWの7シリーズとアウディのA8Lsシリーズも最高で20%程度割引している。消費者を引きつけるため、多機能携帯電話「iPhone」(アイフォーン)やエルメスのバッグをプレゼントするディーラーもいるという。

ブルームバーグ社の報道によると、超高級車も割引販売が行われるようになったことから、ますます激化する中国自動車市場の競争の様子がうかがえる。ガソリン価格の上昇や政府の自動車購入への補助金措置の終了にともない、中国自動車市場は苦しい調整の時期を迎えている。

CLSAアジア・パシフィック・マーケッツの自動車業界アナリストのスコット・ラプリーズ氏は、「超高級車が中国でこれほど大幅な割引販売を行うのは、これまでに見たことがない。このことは超高級車の中国での利益が圧縮されつつあることを示している」と話す。

IHSオートモーティブのドイツ・フランクフルト駐在アナリストのクリストフ・ステューマー氏によると、中国の超高級車販売台数は2011年に前年比34%と大幅に増加したが、今年の増加率は24%に低下することが予想されるという。

メルセデス・ベンツの在中国ディーラーのジャック・レン氏によると、消費者が代金を前払いして自動車の引き渡しを待つという現象は、今ではもう見られなくなった。超高級車の中国における黄金時代はすでに終了した。昨年の消費者はベンツS600を買う際に代金以外に引き渡し費用として20万元を支払う必要があったが、今年の消費者は同じ車を買う時に20万元の割引を受けられるだけでなく、買うのはすべて現物で引き渡しを待つ必要もないという。(編集/内山
最新ニュースはこちら

SNS話題記事