李克強首相の訪日チームが縮小した訳―米メディア

配信日時:2018年5月11日(金) 9時20分
李克強首相の訪日チームが縮小した訳―米メディア
画像ID  990131
8日、米華字メディア多維新聞は、中国の李克強首相の来日日程が、従来に比べて3泊4日と短かった理由を分析した。
2018年5月8日、米華字メディア多維新聞は、中国の李克強(リー・カーチアン)首相の来日日程が、従来に比べて3泊4日と短かった理由を分析した。

李氏は首相就任後初めて、中国の首相としては10年5月の温家宝(ウェン・ジアバオ)氏以来8年ぶりに日本を訪問した。今回の訪日日程は3泊4日。記事は「過去の朱鎔基(ジュー・ロンジー)氏、温氏の例に比べて短く、訪日代表団も規模の縮小が目を引いた。関係者は背景に複数の要因があるとみている」と伝えた。

その上で「まず中国の外交日程が立て込んでおり、対日関係はその一部に過ぎないことがある。対米関係はもちろん重要であり、米国側の関係部門と接触を続けている。加えて尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権問題をめぐってここ数年、日中関係は冷え切っていたこともある。李氏は今回、象徴的な意味で日中韓首脳会談に出席したが、日中関係が本格的に雪解けするかどうかはなお注視する必要があろう」とした。

さらに、「中国にとって日本の重要性が低下したことや、日中関係は主に経済分野で協力と発展が見込まれることもある。政冷経熱が日中外交の特徴でもあった。いずれにせよ、李氏が今回訪日したことは、今度の2国間関係がさらに改善の余地があることの裏付けともいえよう」と指摘している。(翻訳・編集/大宮)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/05/13 05:10)

    中国は国がデカ過ぎるから日本を小さな国だとしか思っていないのだろうが、中国にとって日本がどれだけ必要な国なのかまだ理解しきれていない。 戦後から日本は、敵を作らず友好的な関係を他国と共に共存して来た事で、多彩な友好関係が築けている。 今の中国の様に敵を作っても金で何でも出来るなんて時代はもう続かない。 日本と中国がもっと親密な関係に成れたらアメリカと日本との関係の様にインドネシアの高速鉄道の件に対しても日本政府として意見も言えただろう。 中国が一人で騒ぐより他国が友好的に加わったた方が助け合えるのに、高速鉄道も中国だけでなく日本と共にやっていたら中国は一人負けはしなかっただろう。 日本というより経験ある日本が共に作り上げていたら基盤を日本が作り中国が駅などの箱物を中国作るなどしていたらもう今頃完成していただろうに。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/05/11 21:25)

    狗の事は飼い主に聞く方が手っ取り早いしな。 狗が持ってる金の骨を取り上げてもいいかどうか。飼い主は怒らないかどうか。そういう様子見ってだけでしょ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事