中国製レコードが復活、上海で生産へ―中国メディア

人民網日本語版    2018年5月14日(月) 14時30分

拡大

レコードが中国で誕生して今年で110年を迎えた。レコード会社・中国唱片集団有限公司は9日、上海でレコード復興計画を実施し、20年ぶりに上海にレコードの生産ラインを復活させて、「中国製」のレコードを生産すると発表した。資料写真。

レコードが中国で誕生して今年で110年を迎えた。レコード会社・中国唱片(レコード)集団有限公司(元「中国唱片総公司」)は9日、上海でレコード復興計画を実施し、20年ぶりに上海にレコードの生産ラインを復活させて、「中国製」のレコードを生産すると発表した。新華社が伝えた。

レコードは温かみがあり、多くの人の思い出となっている音楽メディアで、近年、世界の音楽市場でにわかに人気が再燃し、若者たちの間で好評を博している。中国唱片集団がドイツに委託して製造されたオールド上海や中国伝統演劇のレコードシリーズは中国国内外で人気となっている。同社の樊国賓(ファン・グオビン)総経理によると、上海市文化クリエーティブ資金のサポートの下、ドイツから全自動のレコードのプレス装置、音を刻み込むカッティングマシン、マスターディスク製造システムからなる生産ラインを購入し、9日から生産が始まった。今後は、生産能力と品質の向上を図り、中国の100年以上のレコードの歴史を蘇らせ、活気づける計画という。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携