世界で人気の日本の餃子、世界で孤立する中国の餃子―中国コラム

配信日時:2018年5月11日(金) 11時20分
世界で人気の日本の餃子、世界で孤立する中国の餃子―中国コラム
画像ID  990006
10日、中国のポータルサイト・網易は、日本と中国の餃子に関するコラムを掲載した。コラムではそれぞれの特徴がつづられている。資料写真。
2018年5月10日、中国のポータルサイト・網易は、日本と中国の餃子に関するコラムを掲載した。コラムではそれぞれの特徴がつづられている。以下はその概要。

中国では主に東北地方で水餃子が一般的に食べられている。第二次世界大戦時に中国東北地方に赴いていた関東軍や満州開拓団が戦後日本に引き返した際に広め、日本で餃子が一般的な食べ物として普及した。

中国では水餃子の残りを焼いて食べることがあるが、日本の焼き餃子はこれをもとにしているといわれている。焼いた方が香りが良くおかずにも適しているため、日本では焼き餃子が普及したされており、日本で焼き餃子の位置づけはあくまで「おかず」である。この点は水餃子を主食と捉える中国人にはなかなか理解できないことだ。

日本の「餃子の王将」は2005年に中国に進出したが、中国人に受け入れられず2014年に撤退している。中国の餃子の餡(あん)は一般的にニンニクが入っていないが、日本の餃子にはニンニクが入っていることが多く、この違いも受け入れられなかった要因の1つと言える。

日本式の餃子は中国では受け入れられなかったが、仏・パリや英・ロンドンなどには日本の焼き餃子を売りにした「GYOZA BAR」が人気になっており、行列ができることも珍しくないという。中国の本場の水餃子を海外で口にすることもできるが、その多くはチャイナタウンの中にあるレストランで、欧州の各都市にとけ込む日本の焼き餃子とは違い、現地の文化から孤立した存在となっている。(翻訳・編集/内山
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/05/12 12:03)

    本場中国のは食べた事ないが、皮が厚いらしいね。 まあ、日本人も最初は「カリフォルニア巻き」なんて「邪道だ」みたいな感じだったけど、今じゃ普通に受け入れてるし。日本のラーメンが「日本式ラーメン」として一定の人気を得てるから、「日本式餃子」もそのうち中国に浸透していくんじゃない? まあ、浸透してもしなくても、どっちでもいい話ではあるんだけどね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/05/11 19:40)

    日本人に人気のあるカレーライスはもとは〈インド料理〉だが、イギリスを経由して日本に伝わったため『西洋料理』の扱いである。最近では本場のインドカレーも日本で食べられるようになったが、日本人の味覚に調整されているようだ。中国もプライドを捨てて水餃子の改良をすべきである。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ちゅる***** | (2018/05/11 14:31)

    餃子の皮が小麦粉だから主食なのだろうけど、 それで腹が満足するにはどれだけの量を食べるのだろう? 餃子は餡(中身)がメインの料理として、 ご飯やラーメンのおかずとして食べたほうがいいと思うのだけどね。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事