【動画】中国の男性が列車の屋根に上り感電死、「Tik Tokの動画を撮るため」と物議に

配信日時:2018年5月10日(木) 21時0分
【動画】男性が列車で感電死、「Tik Tokを撮るため」と物議に
画像ID  989974
中国の重慶市でこのほど、列車の屋根に乗り撮影していた男性が高圧線に触れ死亡する事故が発生した。
中国の重慶市でこのほど、列車の屋根に乗り撮影していた男性が高圧線に触れ死亡する事故が発生した。当初男性はショートムービーアプリ、抖音(Tik Tok)に掲載する動画を撮っていたと伝えられ物議を醸したが、その後男性の恋人が否定した。9日付で澎湃新聞網が伝えた。

事故が起きたのは5月6日の昼過ぎ、映像でも男性が列車の屋根に横たわり、その後線路で治療を受ける模様が確認できる。

現場にいち早く到着した警官は「男性の恋人が『網紅(ネット有名人)になりたくて、Tik Tok用の動画を撮っていた』と男性が列車の屋根に上がった経緯を説明した」と語ったことで、ネットでは過激な行為に批判が集まった。

ところが8日、同日未明に息を引き取った恋人について交際相手の女性は、「警官に説明した際に網紅やTik Tokといった言葉は使っていない。彼は7日に22歳になったばかりのカメラマンで、誕生日の前日に線路で撮影をしたいとの依頼を受け、事故現場で家族3人のお客さんを相手に撮影していた。午後になり撮影の角度を変えるために列車の屋根に乗り撮影していたのだが、不注意から高圧線に触れてしまった」と語った。

その後、警官もTik Tok用の動画を取るために列車の屋根に上がったのではないことが調査で分かったと説明したが、中国では近年、ネット有名人になるために過激な行為を行う人が後を絶たないこともあり、「後付けのウソ」と恋人女性の説明に疑義を抱く声や、アクセス数を稼ぐための過激な行為に批判的な意見が多く寄せられている。(翻訳・編集/内山
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事