中国メディアが鳩山元首相に独占インタビュー!「日本政府による中国脅威論は誤り」

配信日時:2018年5月9日(水) 12時10分
中国メディアが鳩山元首相に独占インタビュー!「中国脅威論は誤り」
画像ID  989541
8日、中国新聞週刊は、鳩山由紀夫元首相への独占インタビューの内容について伝えた。写真は鳩山由紀夫元首相。
2018年5月8日、中国新聞週刊は、鳩山由紀夫元首相への独占インタビューの内容について伝えた。

記事は、「鳩山元首相は中国で最も活発な政治家の1人で、さまざまな場面で日中友好を呼び掛けている」と紹介。中国の提唱する「一帯一路」構想を支持しており、2013年には南京大虐殺記念館を参観した際、記念石碑の前で手を合わせ、心からの謝罪を表明したことなども合わせて紹介した。

インタビューで記者は、鳩山氏が早くから「一帯一路」の支持を明確にしていた理由について質問。鳩山氏は「習近平主席から、一帯一路はアジアと欧州を中心としたエリアの共同建設を通して、平和を推進することを目的としたプロジェクトを建設することだと聞いていたので、支持するべきだと思った」と答えた。

また、日本は当初、一帯一路を完全には受け入れなかったが、日本社会には一帯一路に対するどんな誤解があると思うかと質問。これに対しては「日本政府が宣伝する『中国脅威論』が誤りだ。日本政府は、中国が軍備を拡大しており、島をめぐる紛争があるほか、南シナ海の岩礁での建設が日本を不安にさせていると考えている。日本は中国を脅威ととらえているが、私はこのような認識は誤りだと考えている」と答えた。

さらに記者は、「日本政府は最近、一帯一路に対する態度を変えているが、その理由は?」と質問。鳩山氏は「二つの要因がある」とし、「一つは財界から中国と共に発展するようにとの圧力があったこと。もう一つは米国大統領がオバマ氏からトランプ氏に変わり、トランプ氏は米国に有利ならば参加を考慮する立場のため、日本も影響を受けた」との見方を示した。

続いて、「一帯一路構想と鳩山元首相が一貫して提唱している友愛の理念とは通じるものがあるか」と質問。これには、「一帯一路と友愛の理念は完全に一致している。私の提唱する友愛の理念の初志は、世界中の人々が友愛という方法で共存すること」と答えた。

鳩山氏は続けて「私は、日本人の心には友愛の精神があると思う。でも政治の分野ではこれが十分に体現できていない。多くの政治家にとって外交問題の処理は、対外的に強大な日本を示すことにあり、友愛や親しみを強調すると、軟弱な政治家だと思われると誤解している。実際のところはそうではなく、友愛や親しみを示せる国こそが、真の強国だ」と語ったという。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事