Record China

ヘッドライン:

秦始皇帝陵の青銅馬車のサイズ、デジタル技術で判明―中国

配信日時:2018年5月8日(火) 23時40分
拡大
天津大学文化遺産保護・伝承情報技術センターは1年近くにわたる7回もの現場作業を経て、51Gの点群データを収集し、秦始皇帝陵2号青銅馬車の全体構造を測定した。

人の体のサイズを調べて服を作るのは当然のことだが、青銅馬車のサイズを調べるにはどうすればいいだろうか。天津大学文化遺産保護・伝承情報技術センターは1年近くにわたる7回もの現場作業を経て、51Gの点群データを収集し、秦始皇帝陵2号青銅馬車の全体構造を測定した。また、今後の考古研究、高精度復元・複製、データコンテンツ開発、展覧・展示などに必要なデータを収集した。科技日報が伝えた。

秦始皇帝陵2号青銅馬車の長さは317センチ、高さは106.2センチで、重量は1241キロ。うち金銀の装飾品の重さが14キロ以上に達し、部品数は3000個以上に上る。鋳造、はめ込み、溶接、フックやヒンジによる連結など多くの加工技術が用いられている。これは中国の考古学の歴史上、サイズが最大で構造が最も複雑な、馬車としての機能が最も整っている古代車馬であり、「青銅工芸の最高峰」と称されている。

チームは点群データを収集する際に、3Dレーザースキャナの最高精度(0.02ミリメートル)により51Gの点群データを収集し、測定を繰り返して模型の品質を保証した上で模型1個あたりのドット数を100万級に抑えた。そして模型の登録、修復、改善、テクスチャの選択と校正、模型のUVマッピングを順調に進めていったという。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

米国で親指折られた中国の兵馬俑、日本で破損されたことも―台湾メディア

20日、台湾メディアの聯合報は、米東部フィラデルフィアの博物館で展示された中国の兵馬俑の1体の親指が、米国人の男によって折られ持ち去られた事件に関連し、「日本で破損されたこともあった」と伝えている。写真は中国の秦始皇兵馬俑博物館。

Record China
2018年2月20日 14時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング