中国が南シナ海にミサイル配備か=フィリピン「われわれに向けられたものでない」―米華字メディア

配信日時:2018年5月7日(月) 9時50分
中国が南シナ海にミサイル配備か=フィリピン政府がコメント
画像ID  988594
5日、米華字メディアの多維新聞は、中国がベトナムやフィリピンなどとの係争が続く南シナ海・南沙諸島の人工島3島に対艦ミサイルや対空ミサイルを配備したと米国メディアが報じたことに対するフィリピン政府の反応を伝えた。資料写真。
2018年5月5日、米華字メディアの多維新聞は、中国がベトナムやフィリピンなどとの係争が続く南シナ海・南沙(スプラトリー)諸島の人工島3島に対艦ミサイルや対空ミサイルを配備したと米国メディアが報じたことに対するフィリピン政府の反応を伝えた。

フィリピンのニュースサイトABS-CBNによると、ドゥテルテ大統領は4日、「中国の南シナ海の軍事化を止められなかったのはベニグノ・アキノ3世と米国の誤りだ」とし、「中国を止めることができた唯一の国は米国だった」と述べた。

フィリピンのハリー・ロケ大統領報道官は、中国による南シナ海でのミサイル配備に「懸念」を表明した一方で、「中国との緊密な友好関係によれば、これらのミサイルはわれわれに向けられたものではないと確信している」とコメントした。

中国が南シナ海の人工島に新たにミサイルを配備したとの報道について、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は、「配備は特定の国を想定したものではない」とし、「(主権を)侵害する意図がない者に心配する理由はない」と述べていた。(翻訳・編集/柳川)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/05/07 22:11)

    「敵対する国家」に対してのものだろうからね。 「赤い舌」に不満がなければ無害なんだろうとは思うけど。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • law***** | (2018/05/07 17:38)

    世界の真理は永久な平和でなければ何であろう。フィリッピンは今、アジア全体の地域を含め、中国からの危害を受け兼ねない立場にあり、が、その排除には台湾が先ず、“永久平和憲章”の規範を支持し、そして示す事である。それによって台湾はアジアの平和の先駆けとなり、世界大同の首都になるであろう。また、それは中国を真の民主化に導き、そしてこの提案は中国とし、決議を国連とさえすれば、人類の運営共同体の構築は可能となろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事