日本の議員団が訪中、「一帯一路」への協力表明―中国紙

配信日時:2018年5月4日(金) 16時0分
日本の議員団が訪中、「一帯一路」への協力表明
画像ID  988210
3日、超党派の日中友好議員連盟の議員団は中国の習近平国家主席の側近で、中国共産党序列3位の栗戦書全国人民代表大会常務委員長と約2時間会談した。資料写真。
2018年5月4日、環球時報(電子版)によると、北京を訪問している超党派の日中友好議員連盟(会長・林芳正文部科学相)の議員団は3日、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席の側近で、中国共産党序列3位の栗戦書(リー・ジャンシュウ)全国人民代表大会常務委員長と約2時間会談した。李克強(リー・カチアン)首相の訪日を8日に控え、日中双方が関係改善を進めることで一致した。

駐中国日本大使館で同日夜開かれた記者会見で、林氏は栗氏との会談が通常の倍の約2時間にわたったことを強調。「非常に得難い機会であり、長い時間、幅広い議題について、よい議論ができた」と自賛し、中国が推進する巨大経済構想「一帯一路」への積極的な支持と協力を表明した。

今回訪中した同連盟には、自民党の高村正彦副総裁、岡田克也衆院議員なども含まれている。日本政府は李首相の訪日を要請したことで、日中の政府トップ同士の相互訪問をさらに一歩進めたい考えだ。(翻訳・編集/大宮)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • hoo***** | (2018/05/04 21:03)

    林芳正会長ハニートラップに掛かるなよ^^岡田と一緒で何する気だ?^^
    このコメントは非表示に設定されています。
  • sya***** | (2018/05/04 17:02)

    経済政策に権限のない連中が行っただけだ。芯は麻生副総理が国会で答弁した《サラ金》云々が本心で、一帯一路が世界の経済に貢献するとは日本人は思っていない。ずっと長い間借りる側にいた者が、貸す側に回ったとしてどれだけノウハウを持っているのか? 日本は精査して精査の結果を判断できる権限がなければ、ずっと外交辞令を続けるだけ。 野党の議員が行って何の役割をするのか? 高村ももう議員ではないではないか。余計な事をするな。引退したなら田舎に引っ込んでおけ。 日本の基本は付かず離れずを続けるべき、中国如き全く信用できない国と密にする事はまかりならぬ!!!!
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 大高富***** | (2018/05/04 16:38)

    発展途上国支援なら中国エゴ丸出しの「一帯一路」より日本独自の円借款等の経済協力の方が日本国や日本企業更に当該国にとってずっと有益でしょう(中国は芝居に出てくる悪徳高利貸の様な行為を平気でしますからね)
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事