Record China

ヘッドライン:

中国が南沙諸島にミサイル配備、外交部報道官「主権国として当然の権利」―中国メディア

配信日時:2018年5月4日(金) 13時30分
拡大
2018年5月3日、観察者網は、中国が南沙(スプラトリー)諸島に対艦巡航ミサイルと地対空ミサイルを配備したと米メディアが報じたことを伝えた。

記事は「米CNBCが3日、中国が南シナ海にある3つの基地に、対艦巡航ミサイルと地対空ミサイルを配備したという米情報筋の話を紹介し、もし事実であれば、中国が初めて南沙諸島にミサイルを配備したことになると伝えた」としている。

そして、この情報筋が「ミサイルはこの30日以内にファイアリー・クロス礁(中国名・永暑礁)、スビ礁(中国名・渚碧礁)、ミスチーフ礁(中国名・美済礁)に移送された」と語る一方で、米国防総省の報道官がコメントを拒否したことを伝えた。

米民間シンクタンク・戦略国際問題研究所の南シナ海問題専門家は「決して想定外のことではない。中国が南シナ海をコントロールするための重要な一歩だ」との見方を示している。

中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は3日の同部記者会見でこの件について質問を受けた際、「わが国は南沙諸島および付近の海域に紛れもない主権を持っている。南沙諸島上での国土防御設備の配備は、わが国の主権と安全を守るうえで必要であり、主権国として当然の権利だ。配備は特定の国を想定したものではなく、主権を侵犯するつもりがなければ恐れる必要はない。客観的かつ冷静に見るよう望む。わが国は引き続き各国と協力して南シナ海地域の平和と安定を守っていく」とコメントした。(翻訳・編集/川尻
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

中国、南シナ海での活動は「国防」と主張、「軍事化しているのは米国」と批判=米国ネット「日本の対中対応、理解できる」「南シナ海は米国海でない」

25日、ロイター通信によると、南シナ海での中国の活動を米国が軍事化だと批判していることについて、中国は国防に必要な活動であると主張した。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

Record china
2016年2月26日 3時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング