李克強首相の日中韓サミット出席、中国外交部の報道官が説明―中国

配信日時:2018年5月3日(木) 19時0分
李克強首相の日中韓サミット出席、中国外交部の報道官が説明
画像ID  987994
日中韓サミットへの李克強首相の出席について、中国外交部の華春瑩報道官が2日の定例記者会見で説明した。
日中韓サミットへの李克強(リー・カーチアン)首相の出席について、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は2日の定例記者会見で次のように説明した。

日中韓協力は東アジア協力の重要な構成部分だ。協力は開始から19年で、首脳会談を中核とし、21の閣僚級会議と70余りの実務レベル協議を支えとする包括的協力システムを構築し、日中韓協力事務局を設置した。3カ国は経済・貿易、財政・金融、交通、文化、教育、環境、衛生、防災分野の交流・協力で実り豊かな成果を挙げ、日中韓投資協定に署名し、日中韓自由貿易協定(FTA)交渉を13回行った。2017年の3カ国間の貿易額は6700億ドル近くに達し、人的往来は延べ2800万人を超えた。

日中韓サミットは5月9日午前に開かれる。李克強総理、日本の安倍晋三首相、韓国文在寅(ムン・ジェイン)大統領が出席し、会談後には共同記者会見に臨み、日中韓ビジネスサミット開幕式であいさつを述べる。日中韓協力は来年で開始から20年になる。今回のサミットは日中韓協力のために新たな局面を開き、地域の平和・安定と発展・繁栄への新たな貢献となると信じる。

今年は日中平和友好条約締結40周年であり、両国関係は改善と発展の重要な契機を迎えている。互いの努力の下、日中関係は改善の勢いを呈している。中国総理の公式訪日は8年ぶりだ。訪問期間、李総理は安倍首相と会談し、明仁天皇と会見し、日本の与野党及び各界の人々と幅広く交流する。

今回の訪問が日中関係改善の勢いを一層揺るぎないものにし、両国関係を正常な発展の軌道へと押し戻し、次の段階の両国関係の発展のために計画を立てるものになると信じる。(提供/人民網日本語版・編集/NA)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事