日中韓首脳会談2年半ぶりに開催へ、これまでの道のりを振り返る―中国メディア

配信日時:2018年5月4日(金) 11時0分
日中韓首脳会談2年半ぶりに開催へ、これまでの道のりを振り返る
画像ID  987905
日中韓サミットが9日に東京で開催され、安倍晋三首相、中国の李克強首相、韓国の文在寅大統領が出席する。
第7回日中韓サミットが9日に東京で開催され、安倍晋三首相、中国の李克強(リー・カーチアン)首相、韓国文在寅(ムン・ジェイン)大統領が出席する。今回のサミットは2年余りの中断を経ての再開となる。日中韓首脳は1999年の初会談以来、すでに会談や会議を10数回行っているのに、今回が第7回サミットと呼ばれるのはなぜか。

その他の写真

3カ国の協力制度としての日中韓首脳の定期会談・会議には明らかな特徴が2つある。

第1に、日中韓協力初期の日中韓首脳会議はASEANの枠組内で完結した。この段階で日中韓首脳は毎年ASEANプラス3(日中韓)首脳会議の開催期間に会談または会議を行った。1999年から2007年11月まで、3カ国首脳は会談や会議を計8回行った。その間、2005年に日本の首相が靖国神社を参拝したため、3カ国首脳の第7回会議は延期を余儀なくされ、2007年1月にようやくフィリピンで開催された。

第2に、日中韓サミットはASEANプラス3の枠組外で、独立した形で開催される。2008年から3カ国首脳はASEANプラス3(日中韓)会議の期間に会議を開くと同時に、単独で会談を行うことを決めた。現在で言う第7回日中韓サミットは、2008年に初めて枠組外で開催された会談から数えたものだ。2008年12月から2015年11月まで、日中韓サミットは計6回開催された。

日中韓3カ国間協力の迅速な発展に伴い、日韓両国、特に韓国がASEANの枠組外での3カ国首脳会談の単独開催を積極的に主張するようになった。2004年に韓国が最初にこれを提案した。

2008年12月13日、日中韓3カ国初の「ASEANプラス3」の枠組外での首脳会談が福岡で開催された。3カ国はASEANプラス3首脳会議期間の会議を継続すると同時に、3カ国首脳が単独で開催する会談を制度化し、毎年持ち回りで開催することを決定した。その後、日中韓サミットは毎年1回開催され、2008年12月から2015年11月までに計6回開催された。

2009年10月10日、第2回日中韓サミットが北京で開催された。サミットで発表された「日中韓協力10周年共同声明」は、相互尊重、平等及び互恵、開放及び透明、互いの文化の違いの尊重が3カ国協力の基礎と保障であり、3カ国協力が従うべき原則でもあることを指摘。3カ国は歴史を正視し、未来に向かう精神に従い、3カ国関係の善隣・相互信頼、包括的協力、互恵、共同発展の方向への前進を推し進めるとした。

2010年5月29日から30日にかけて第3回日中韓サミットが韓国・済州島で開催された。3カ国は「日中韓協力ビジョン2020」「日中韓科学イノベーション協力の強化に関する共同声明」「日中韓標準化協力に関する共同声明」を発表。引き続き3カ国の経済・貿易・財政・金融協力を深化し、持続可能な発展を後押しし、社会・人・文化的交流を強化し、国際・地域問題での意思疎通と調整を継続することで合意した。

2011年5月21日から22日にかけて第4回日中韓サミットが東京で開催された。サミットは首脳宣言及び「防災協力」、「原子力安全協力」、「再生可能エネルギー及びエネルギー効率の推進による持続可能な成長に向けた協力」の3つの文書を発表した。

2012年5月13日から14日にかけて第5回日中韓サミットが北京で開催された。サミットは「包括的な協力パートナーシップの強化に関する共同宣言」「農業協力の強化に関する共同声明」「持続可能な森林経営,砂漠化対処,野生生物保全に関する協力についての共同声明」を発表した。3カ国は日中韓自由貿易協定(FTA)交渉の年内開始を宣言するとともに、会談後「投資の促進、円滑化及び保護に関する三国間の協定」に署名した。

2015年11月1日、第6回日中韓サミットが韓国・ソウルで開催された。3カ国首脳は日中韓協力を振り返り、展望するとともに、地域・国際問題について意見交換した。会談後、3カ国は「北東アジアにおける平和と協力のための共同宣言」を発表した。(提供/人民網日本語版・編集NA、LX)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事