Record China

ヘッドライン:

北朝鮮のミサイル脅威がなくなり、THAADは何の役に立つのか?―中国メディア

配信日時:2018年5月6日(日) 8時10分
拡大
3日、中国メディアの環球網は、「北朝鮮のミサイル脅威が突然なくなり、THAADは何の役に立つのか」とする記事を掲載した。資料写真。

2018年5月3日、中国メディアの環球網は、「北朝鮮のミサイル脅威が突然なくなり、THAADは何の役に立つのか」とする記事を掲載した。

記事はまず、読者から「朝鮮半島情勢が大きく変化し、南北関係は一触即発ではなくなった。昨年中韓関係に緊張をもたらした高高度防衛ミサイル(THAAD)の在韓米軍配備の進展は現在、どのような状況なのか。今後はどっちの方向に進むのか」とする質問が寄せられたことを紹介した。

記事はそれに答える形で、THAAD配備をめぐる最新の状況について説明した。

記事は、韓国紙・朝鮮日報が先月、韓国軍報道官の話を引用し、「星州のTHAAD基地には6基の発射台とレーダーが配備されているだけで、燃料発電機を用いて短期間の運用を維持しているにすぎない」と伝えたことを紹介した。

さらに配備反対派の人々が、燃料など基地の運営に必要な物品を運ぶことができないよう、基地に向かう道路をふさぐなどしているため、米軍兵士は陸路での出入りができずヘリコプターを使用せざるを得ない状況で、韓国国防部は先月中旬、基地の施設工事を終えるには3カ月ほどかかるとの見通しを示したことも紹介した。

その上で記事は、朝鮮日報の報道を引用し、朝鮮半島情勢が緩和する中、在韓米軍からは、反対派の抗議に打つ手なしの韓国政府のTHAAD配備に対する本気度を疑う声も出ていると伝えた。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国から韓国への報復措置、「苦しめられているのはむしろ中国人だ」―米メディア

26日、米国営放送ボイス・オブ・アメリカ(中国語電子版)は、在韓米軍への高高度防衛ミサイル(THAAD)システム配備を受けた中国から韓国への報復措置について「苦しめられているのは、むしろ中国人だ」とする記事を掲載した。写真はソウルの南大門市場。

Record China
2018年4月27日 8時50分
続きを読む

ランキング