Record China

ヘッドライン:

中国が南シナ海に海洋監視船を派遣、外国のガス田掘削施設を複数発見―中国メディア

配信日時:2012年3月19日(月) 20時38分
拡大
18日、中国が南シナ海に海洋監視船2隻を派遣し、定期巡航を行った。写真は3日、東シナ海を巡航する中国海監東海(東シナ海)総隊。
(1/8枚)

2012年3月18日、中国が南シナ海に海洋監視船2隻を派遣し、定期巡航を行った。中国広播網が伝えた。

その他の写真

記事によると、派遣された海洋監視船は3000トン級の「海監83」と1500トン級の「海監75」。中国が管轄する海洋を巡航し、外国による海洋権益の侵犯がないかどうかを監視する。こうした巡航活動は2006年から渤海、東シナ海、黄海、南シナ海の中国が管轄する海域で定期的に行われてきたという。

今回の巡航では複数の外国の掘削プラットフォームを発見、大小さまざまな天然ガス田、油田が含まれていた。作業中のプラットフォームもあり、作業員の姿が確認できるものもあった。監視船はこれらの名称や状況などを記録し、写真やビデオに収めたという。中国はこうした巡航活動を、2008年は13回、2011年は37回行っている。(翻訳・編集/NN)

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング