子どもへの暴力事件が多発する中国社会、「暴力有理、反撃無罪」の背景―米華字メディア

配信日時:2018年5月4日(金) 9時20分
子どもへの暴力事件が多発する中国社会、「暴力有理、反撃無罪」
画像ID  987283
1日、米華字メディアの多維新聞は、中国社会で暴力が氾濫している理由について分析する記事を掲載した。資料写真。
2018年5月1日、米華字メディアの多維新聞は、中国社会で暴力が氾濫している理由について分析する記事を掲載した。

記事は、「最近中国社会では、大人が子どもに暴力を振るう事件が相次いでいる」と指摘。先日、四川省のバス車内で騒いでいた男の子を注意した若い男性が、逆に挑発されたことに腹を立て、男の子を床に投げつけ、頭を何度も踏みつける事件が発生した。その時の様子を映した防犯カメラの映像は、ネット上で拡散し物議を醸した。

他にも、ここ最近同様の子どもに対する暴力事件が起きているが、いずれも「わんぱくな子ども」が関係しており、そうした子どもをどのように懲らしめるかが中国のネット上で大きな話題となっているという。

記事によると、中国のネット上では「子どもをきちんと教育しないから、ほかの人が教育することになる」という考えが多くの人の支持を得ているという。中国のQ&Aサイトでは、「わんぱくな子ども」に関する質問が4000件以上寄せられており、その回答には「7回連続ビンタ」など、暴力的な対応策を示した回答が多くの人の支持を得ているという。

記事は、「わんぱくな子どもを仮想敵と見なし、言うことを聞かない子どもを妖魔化するという状況の中で、子どもを敵視する感情がますます高くなり、いわゆる『しつける』、『罰を与える』、『たたく』などが、一種の道徳的優越感の上にある」と分析。「暴力で暴力を制することや、子どもを傷つけることが勝利や正義と見なされるようになっている」と指摘した。

一方で、記事は「中国の国営メディアはこの種の公序良俗に反する暴力行為を強く批判している」と紹介。「わんぱくな子どもに対する敵対感情をあおることは、まったく価値のないことであり、『好奇心』『遊び好き』『はしゃぐ』のは子どもの天性だ」とした。そして、「『暴力有理、反撃無罪』の名の下に、わんぱくな子どもは許せないという考えになってしまっている」と論じた。

記事は最後に、「これは1人の大人が、また成熟した社会が有しているべき寛容と我慢を完全に失ってしまうもので、どんな理屈をつけてもただの弱いものいじめに過ぎない」と指摘している。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事