<卓球>番狂わせ!日本男子がイングランドにまさかの敗戦、張本は1ゲームも奪えず=中国ネットの反応は…

配信日時:2018年5月1日(火) 11時20分
<卓球>番狂わせ!日本がまさかの敗戦、中国ネットの反応は…
画像ID  987208
1日、捜狐体育は、スウェーデンで開催中の世界卓球選手権団体戦グループリーグで、金メダルを狙う日本男子がイングランドに1−3で敗れたことを報じた。資料写真。
2018年5月1日、捜狐体育は、スウェーデンで開催中の世界卓球選手権団体戦グループリーグで、金メダルを狙う日本男子がイングランドに1−3で敗れたことを報じた。

互いに2連勝での対決となった日本対イングランド戦では、1人目に水谷隼が登場し3−2でドリンクホールに勝利。しかし2人目の張本智和がピチフォードに対して5−11、5−11、3−11の0−3で惨敗。3人目の丹羽孝希も接戦ながら0−3でウォーカーに敗れて後がなくなる。4人目の水谷はフルゲームまで持ち込んだものピチフォードの前に力尽き2−3で敗戦。1−3で今大会初黒星となり、決勝トーナメントの1回戦が免除されるグループリーグ1位通過は難しくなった。

中国メディアは日本の敗戦を「番狂わせ」と報じており、中国のネットユーザーの多くも同様の見方を示している。「グループリーグだけれど、大番狂わせだ。イングランドに決勝トーナメントでも頑張ってほしい」「『相手を見くびってはいけない』。樊振東(ファン・ジェンドン)の言う通りだ」「ピチフォートがすごかった」「ウォーカーが丹羽を完封するとは……」といったコメントを残している。特に、張本と水谷に勝利したピチフォードの成長ぶりを評価する意見が目立った。

また、日本に対しては「日本は中国しか眼中になかったのかもしれないな」「張本は総合的な力がまだまだ足りない。一番負けちゃいけなかったのは丹羽さん、あなただよ」「まさか丹羽さんがシャットアウトされるとは」「これで中国に勝って金メダルを取ろうなんて、ちゃんちゃらおかしい」といった感想が見られる。ただ総じて見ると、日本選手うんぬんではなく、イングランド選手が出色のパフォーマンスを見せたことに対する印象が深かったようだ。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事