フィリピンの慰安婦像が撤去されたことに華人団体が抗議―中国メディア

配信日時:2018年4月29日(日) 17時50分
フィリピンの慰安婦像が撤去されたことに華人団体が抗議
画像ID  986778
28日、中国新聞網は、フィリピンの慰安婦像が撤去されたことに華人団体が抗議したと伝えた。写真は撤去された慰安婦像。
2018年4月28日、中国新聞網は、フィリピンの慰安婦像が撤去されたことに華人団体が抗議したと伝えた。

記事は、フィリピン華字メディアのChinese Commercial Newsの28日の報道を引用。マニラ市ロハス通りに設置されていた慰安婦像が、27日深夜に何者かによって強制的に撤去されたと伝えた。そして、このことにフィリピン中華青年連合会創会のテレシータ・ アング・シー(洪玉華)会長が抗議したという。

テレシータ・ アング・シー会長は、「まるでコソ泥のように得体の知れない数人が、4月27日深夜に違法にロハス通りに設置されていた慰安婦像を撤去した。私たちはこの件について驚きと悲しみを禁じ得ない。私たちはドゥテルテ大統領、エストラーダ・マニラ市長、外務省、公共事業道路省、国家歴史委員会に対し、慰安婦像を保存・保護し、国家の尊厳を守るよう求めた」と語った。

テレシータ・ アング・シー会長は続けて、「肝の小さいネズミのような輩が、公衆の信任に背き、コソ泥のように夜中に行動する。私たちは政府が正式に慰安婦の存在を認め、もっと大きな像を立てて慰安婦を記念するよう呼びかける。まだ健在の彼女たちはもう少数であり、彼女たちを歴史の中に埋もれさせてはならない。今、彼女たちに尊厳を与えればまだ間に合う」とも述べている。

そして、テレシータ・ アング・シー会長は「像の撤去は文化財産の保護と伝統的な法律に違反する行為だ」と強調した。

記事は、今のところ誰が慰安婦像を撤去したのか分かっていないと伝えたが、昨年に設置されて以降、駐比日本大使館が強い不満を示しており、フィリピン外務省やマニラ市と交渉を続けていたことも紹介した。(翻訳・編集/山中)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 774***** | (2018/04/30 11:12)

    資金は華人団体が提供して委員会は碑文を担当し、像の製造には関与していない。つまり委員会は像の寄贈を受け碑文を作成して設置し除幕式を主催した。像が華人団体所有なら道路使用料が発生するし、設置に関して契約書が必要になる。管理費の負担も必要。だから像は公共事業道路省に寄贈し国有物と思われる。国有物を設置撤去移設権限のある公共事業道路省が処理することに違法性はない。 設置にあたって外務省や大統領官邸への連絡協議を怠った事は明らか。省としては許可取り消しはミスになるからしたくない。そこで、洪水排水工事として移動させた。元大統領像も同時に撤去しており、何の問題もない。公共事業ってなかなか終わらないよね、戻ってくるのはいつかなぁ。あっ、マンホールできちゃったから元には戻せない。場所が変われば申請仕直しね。外務省がはんたいだって、だからダメになりました。こんな風になると予想。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 色は匂***** | (2018/04/29 20:48)

    許可も得ず勝手に立てた像が撤去されたら法律違反になるのか・・・
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事