台湾政府、南北の平和対話「中国との関係において参考にできる」―米メディア

配信日時:2018年4月29日(日) 15時0分
台湾政府、南北の平和対話「中国との関係において参考にできる」
画像ID  986700
28日、米ボイス・オブ・アメリカの中国語版サイトは、台湾政府が、27日に行われた韓国と北朝鮮による南北首脳会談について「中国との関係において参考にできる」との認識を示したと報じた。写真は台湾総統府。
2018年4月28日、米ボイス・オブ・アメリカの中国語版サイトは、台湾政府が、27日に行われた韓国北朝鮮による南北首脳会談について「中国との関係おいて参考にできる」との認識を示したと報じた。

北朝鮮の金正恩委員長と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は27日、板門店の韓国側施設「平和の家」で会談し、朝鮮半島非核化のために国際社会の支持と協力を受けられるよう積極的に努力することで合意し、「朝鮮半島の平和と繁栄、統一のための板門店宣言」に署名した。

記事によると、台湾行政院(内閣)の徐国勇(シュー・グゥオヨン)報道官は27日、「対話は地域平和の重要な土台であり、北朝鮮と韓国の平和的な対話は両岸(中国と台湾)の参考とすることができる」と述べ、「言葉や軍事力によるいかなる脅迫も地域の平和と安定に役立たない」と強調した。

台湾外交部も「われわれは朝鮮半島と東アジアの緊張緩和に向けた北朝鮮と韓国の努力をうれしく思うと同時に、地域の非核化を支持し、関係各国が朝鮮半島問題の解決に向けて対話を続けることを期待している」とした。(翻訳・編集/柳川)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事