Record China

ヘッドライン:

中国国防部、東風26型ミサイルをロケット軍に配備―中国メディア

配信日時:2018年4月28日(土) 0時10分
拡大
中国国防部の呉謙報道官は26日の定例記者会見で、東風26型ミサイルが試験段階を経てロケット軍に正式配備されたことを明らかにした。資料写真。

中国国防部の呉謙(ウー・チエン)報道官は26日の定例記者会見で、東風26型ミサイルが試験段階を経てロケット軍に正式配備されたことを明らかにした。

【記者】ロケット軍某ミサイル旅団が新型ミサイルの配備式を行ったとの報道があり、ネット上ではこのミサイルについて憶測が広がっている。権威ある情報を示していただけるか。このミサイルの性能と特徴を教えていただきたい。

【呉報道官】このミサイルは試験配備・使用・作戦検証を経て、部隊に配備する条件を備え、すでにロケット軍に正式配備された。

東風26型ミサイルは中国の新世代中長距離弾道ミサイルであり、次の特徴がある。(1)完全に独自の知的財産権を備える、中国が独自開発した兵器だ。(2)核兵器と通常兵器の双方を搭載可能で、速やかに核兵器による反撃任務を遂行するほか、通常兵器による中長距離の精密攻撃任務も遂行できる。(3)陸海双方を攻撃可能で、陸上の重要目標と海上の大中型艦船に対する精密攻撃能力を持つ。(4)新技術複数を融合し、汎用化、統合化、情報化水準が高い。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

中国、南シナ海での活動は「国防」と主張、「軍事化しているのは米国」と批判=米国ネット「日本の対中対応、理解できる」「南シナ海は米国海でない」

25日、ロイター通信によると、南シナ海での中国の活動を米国が軍事化だと批判していることについて、中国は国防に必要な活動であると主張した。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。資料写真。

Record China
2016年2月26日 3時30分
続きを読む

中国から韓国への報復措置、「苦しめられているのはむしろ中国人だ」―米メディア

26日、米国営放送ボイス・オブ・アメリカ(中国語電子版)は、在韓米軍への高高度防衛ミサイル(THAAD)システム配備を受けた中国から韓国への報復措置について「苦しめられているのは、むしろ中国人だ」とする記事を掲載した。写真はソウルの南大門市場。

Record China
2018年4月27日 8時50分
続きを読む

中国人団体客が消えた韓国・済州島の現状=韓国ネット「日本や東南アジアに行った方がマシ」「量より質が高まりますように」

23日、韓国への高高度防衛ミサイル(THAAD)配備による中国の報復措置を受け、昨年3月から中国人団体観光客の足取りが途絶えた済州島。韓国メディアはこのほど、報復措置から13カ月が経った現地の様子を報じた。写真は済州島。

Record China
2018年4月24日 7時20分
続きを読む

ランキング