石の獅子像がネットで話題、「ドラえもんの元祖」との声も―中国

人民網日本語版    2018年4月27日(金) 14時50分

拡大

山西省太原市の文廟にさまざまなデザインの石像がかわいらしく座っている。そのうち、2体の獅子像は長年屋外に置かれて風化してしまったため、その見た目からネットユーザーの間では「ドラえもんの元祖」という通称がつけられている。

(1 / 5 枚)

山西省太原市の文廟にさまざまなデザインの石像がかわいらしく座っている。そのうち、2体の獅子像は長年屋外に置かれて風化してしまったため、その見た目からネットユーザーの間では「ドラえもんの元祖」という通称がつけられている。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

これらの石像はコレクターが民間人から集めてきたもの。ほとんどが明清時代に一般市民の家で邪気を払うものとして置かれていたもので、土地柄の特色あふれる雰囲気を漂わせている。(提供/人民網日本語版・編集/YK)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携