【募集中】韓国語社内スタッフ

【動画】職員を罵倒し暴力まで…韓国で“ナッツ姫”母とみられる「パワハラ映像」が公開

配信日時:2018年4月24日(火) 20時0分
【動画】職員を罵倒し暴力まで…“ナッツ姫”母の「パワハラ映像」
画像ID  984976
23日、大韓航空を傘下に置く財閥「韓進グループ」の趙亮鎬会長の妻、李明姫一宇財団理事長とみられる女性が職員を罵倒し、暴力を振るう映像が公開された。
2018年4月23日、大韓航空を傘下に置く財閥「韓進グループ」の趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長の妻、李明姫(イ・ミョンヒ)一宇財団理事長とみられる女性が職員を罵倒し、暴力を振るう映像が公開された。

韓国日報など複数の韓国メディアによると、同日公開された1分27秒ほどの映像には、グランドハイアット仁川ウエストタワーが完工する3カ月前の2014年5月に工事現場を訪れた李理事長の姿が映っている。ヘルメットをかぶらず現場に出入りしている点や容姿などから、映像の中の女性は李理事長とみられている。

映像で李理事長は工事協力会社の職員らに40秒以上も罵声を浴びせている。怒りがヒートアップすると、地面に置いてあった資材を蹴ったり、その場を離れようとした職員をつかんで引き寄せ、背中を強く押したりするなどした。さらに他の職員がそれを止めると、今度はその職員が持っていた設計図面資料を地面に乱雑にまき散らした。

この映像について、大韓航空関係者は「映像の中の人物が李理事長であるかどうかは確認できない」と述べているとのこと。

同映像以外にも、韓国のネット上では「李理事長が日ごろから運転手や職員へ暴言を吐き、暴力を振るっていた」との暴露が相次いでおり、警察は内偵調査に入ったという。

韓進グループ会長一家をめぐっては、今月12日に趙会長の次女チョ・ヒョンミン大韓航空専務が広告代理店の職員に向かって暴言を吐き、水の入ったコップを投げていたことが明らになった。14年12月には長女のチョ・ヒョナ元大韓航空副社長が、同社客室乗務員のナッツの出し方を問題視して旅客機を搭乗ゲートに引き返させ、事務長を強制的に降ろしたいわゆる「ナッツリターン」事件が物議を醸していた。(翻訳・編集/堂本
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事