中国が流出文化財の管理強化、「海外の盗難文化財データベース」発表―中国メディア

配信日時:2018年4月25日(水) 0時40分
中国が流出文化財の管理強化、「海外の盗難文化財データベース」発表
画像ID  985028
中国国家文物局はこのほど、海外の盗難文化財データベースを発表した。海外の盗難文化財が中国に持ち込まれ流通するのを防ぐのが狙いだ。写真は十二支像のねずみ。
中国国家文物(文化財)局はこのほど、海外の盗難文化財データベースを発表した。海外の盗難文化財が中国に持ち込まれ流通するのを防ぐのが狙いだ。同局は、「今後、文化財の輸出入審査を行う各当局や各省級文化財当局に、海外の盗難文化財の疑いがある文化財の輸出入や流通の監督・管理を強化するよう指示する」としている。北京日報が伝えた。

近年、国際条約、二国間協定、了解覚書の枠組みなど、中国はさまざまな方法を総合的に活用し、違法に海外に流出した複数の文化財の中国返還を実現してきた。例えば、米国やスウェーデン、オーストラリア、カナダなどの政府と規則に基づいて連携し、違法に流出した文化財26点の中国返還を実現した。また、フランス国立博物館とコレクターとの交渉を通して、甘粛省大堡子山から盗まれた金の装飾品の中国返還を実現したほか、交渉の末、同国のコングロマリットであるケリングが円明園十二生肖獣首銅像の鼠(ねずみ)と兔(うさぎ)の頭部を寄贈するに至った。(提供/人民網日本語版・編集/KN)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事