中国初の国産空母、「遼寧」とは「用途が別物」―米華字メディア

配信日時:2018年4月23日(月) 6時20分
中国初の国産空母、「遼寧」とは「用途が別物」
画像ID  984394
21日、米華字メディアの多維新聞は、中国初の国産空母と旧ソ連の「ワリヤーグ」を改修した中国初の空母「遼寧」について、中国の軍事専門家が「用途がまったく異なる」との認識を示したことを伝えた。写真は中国初の国産空母。
2018年4月21日、米華字メディアの多維新聞は、中国初の国産空母と旧ソ連の「ワリヤーグ」を改修した中国初の空母「遼寧」について、中国の軍事専門家が「用途がまったく異なる」との認識を示したことを伝えた。

記事は、23日の「中国海軍記念日」を控え、中国海軍の専門家の李傑(リー・ジエ)氏と国際戦略学会の王津(ワン・ジン)氏が、中国の空母について語ったことを紹介した。

中国初の空母「遼寧」は旧ソ連の「ワリャーグ」を改修した練習艦であるのに対し、中国初の国産空母は練習艦ではないと目されている。これについて、王氏は「遼寧は研究や訓練に主眼を置き、搭載されている装備や人員からもそれは明らかだ」と指摘した。李氏も「遼寧の運用目的は中国に必要な空母を開発するためのステップで、戦闘力を構成する存在ではない」との認識を示した。

国産空母の飛行甲板がスキージャンプ式になるのかカタパルト式になるのかについて、李氏は「遼寧での経験を生かして安定した運用が可能なスキージャンプ式になるはずだ」とした。

中国の開発した電磁カタパルトは米国製にも劣らない性能を有していると報じられているが、王氏は「カタパルトだけでなくアレスティング・ワイヤーを使った着艦も含めた技術の成熟を待って搭載されることになる」との見方を示したという。(翻訳・編集/岡田)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Ken***** | (2018/04/24 11:20)

    つまるところ遼寧は正式な戦力としては不足で、こんどの国産空母が正式なものとしては初、決して2隻体制に移行できるわけではないという話。ただ平時の示威用としては使えるので2隻あればいろいろできるでしょうね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • sho***** | (2018/04/23 09:02)

    つまり、 アレスティング・ワイヤーを未だ自力開発できず、 アメリカからパクることも未だ成功していなくて 仕方なしにスキージャンプ式にならざるを得ないといった所。 現在遼寧においては、 向い風に向けて全速力で空母を前進させることでやっと最小限の武器を搭載した軽量機を離艦させることが可能であるらしい。 ハリボテを強力な軍事力だとしてアホな国民だまして遊んでいる間は良いが、 習近平自身が本物と勘違いして実力行使に出たりする日が来るのが怖いわ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • sya***** | (2018/04/23 08:48)

    中国はかつてのソ連と似た状況の中にいるのではないか?ソ連より経済規模は大きいだろうが、状況は当時のソ連と似ていて、経済は減速状況で崩壊し、軍備を拡張して見掛けを繕い、国民の意識を外に向かせて誤魔化している。大きな違いは中国にはゴルバチョフの役割の人材がいない。ゴルバチョフはロシアでは全く人気がないが、歴史的役割として、軍事拡張を止めたり、独裁主義を崩壊させ、虐げられてきた庶民を多く助けたことは大きい。 中国にもゴルバチョフ的人間が現れて、チベット、東トルキスタン、内モンゴルの独立を実現しなければならない。 軍拡をして、中国は崩壊し、数年の混乱が来るだろう。 また、易姓革命が起こるかもしれない。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<