Record China

ヘッドライン:

「ソウルの安全意識は不十分」マンホール転落事故への指摘に、韓国ネットが反論

配信日時:2018年4月23日(月) 8時30分
拡大
20日、韓国メディアはこのほど、女性が5メートルの深さのマンホールに転落した事故を取り上げ、韓国社会の安全意識の低さを指摘した。資料写真。

2018年4月20日、韓国・テレビ朝鮮はこのほど、女性が5メートルの深さのマンホールに転落した事故を取り上げ、韓国社会の安全意識の低さを指摘した。

記事によると、今月17日の午後、ソウル・江南(カンナム)の裏通りで、スマートフォンを見ながら歩いていた20代女性がマンホールに転落する事故が発生した。この事故で、女性は足にけがを負った。区役所が下水管の状態を調査するためマンホールの蓋を開けておいたことが原因とみられているそうだ。当時現場には赤いロードコーンが置かれ、誘導員もいたとされるが、事故は防げなかったとのこと。

これについて記事は「現場の安全措置に残念な点な多いため、歩行者の不注意のせいにはできない」と伝えている。事故当時、マンホールの周りにはロードコーンが3つ置かれていたそうだが、海外では通常、マンホール工事の際は四方を囲むマンホール屏風(びょうぶ)を設置するという。

記事は最後に「ソウル市内にマンホールは約60万カ所ある。不十分な安全意識があちこちで市民を脅威にさらしている」と締めくくっている。

しかし、これに対する韓国のネットユーザーからのコメントは「これはどう見てもケータイを見ながら歩いてた女性が悪い」「安全措置が不十分だったのも原因だけど、歩きながらスマホはやめて」「歩道でもないし、車道の真ん中でよくスマホ見ようなんて思ったね?」「ロードコーンが3つも置かれてたんだから気付かなきゃ」と女性に対する厳しい指摘が目立ち、「死ななかったことを感謝した方がいい」「今は病院でケータイを見てるんじゃない?(笑)」との皮肉まで。

また現代のスマホ事情に警鐘を鳴らし、「朝、地下鉄を降りて階段を上がるまでスマホを見つめている人が多い。通勤の邪魔になるし本当にみじめ」と嘆くユーザーも見られた。(翻訳・編集/松村)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国観光の定番「チムジルバン」は危険?多くが安全管理で不合格=韓国ネット「手遅れになる前に管理して」「安全も衛生も不十分」

3日、韓国中部・忠清北道堤川で発生したスポーツセンター火災から約3カ月半が過ぎた。韓国・ニューシスは「いまだ安全管理が不十分」として、韓国のスーパー銭湯「チムジルバン」の実態を報じた。資料写真。

Record China
2018年4月10日 9時50分
続きを読む

平昌五輪はもう終盤なのに…韓国の五輪用ホテルがいまだ「工事中」の理由

20日、韓国では平昌五輪に向け、生態保存地域である加里王山に滑降競技場を建設したが、競技場の下にあるホテルはいまだ工事中で使用不可となっている。そのため「貴重な生態環境を破壊しただけではないか」と非難が出ているという。写真は平昌五輪の会場。

Record China
2018年2月22日 10時50分
続きを読む

「やっぱり色が違った!」韓国が観光名所・光化門の文字をまた変更=韓国ネット「1つずつ元通りに」「ハングルにすべき」

2日、韓国・ソウルの観光名所である景福宮の正門・光化門上部に掲げられた扁額がまた変更される。日本統治からの独立以降4度目のことで、韓国メディアは「波乱万丈の歴史」と伝えている。写真は光化門。

Record China
2018年2月3日 7時0分
続きを読む

ランキング