麻生財務大臣の予想的中?トランプ大統領が「TPPは好きではない」とツイッターに投稿―中国メディア

配信日時:2018年4月19日(木) 10時50分
麻生財務大臣の予想的中?トランプ大統領が「TPPは好きではない」
画像ID  983523
18日、観察者網は、先日、TPPへの復帰検討を指示したトランプ大統領が、ツイッターで「TPPは好きではない」と投稿したと伝えた。資料写真。
2018年4月18日、観察者網は、先日、環太平洋連携協定(TPP)への復帰検討を指示したトランプ大統領が、ツイッターで「TPPは好きではない」と投稿したと伝えた。

トランプ米大統領は17日のツイッターへの投稿で、「日韓は米国のTPP復帰を望んでいるが、私はこの協定が好きではない。不確実性が多すぎ、この協定がうまくいかなかった場合、すぐには抜けられない。米国の労働者にとっては2国間協定の方がずっと効率的で益になる。世界貿易機関(WTO)がわれわれにとってどれだけ悪いか見れば分かる」と語った。

しかし、トランプ大統領のこの投稿には専門家から直ちに反論があり「言っておくが、韓国はTPPに加入していない」との指摘があったと記事は紹介。また、トランプ大統領はこの投稿直前に安倍首相と会談をしており、日本はTPPに最も積極的であるため、会談でTPPについて話し合いがあったと考えられると分析した。

これについて、ホワイトハウスの経済顧問トップであるラリー・クドロー氏は、「TPPへの復帰は1つの考えであって決定ではない」と指摘。米国のTPP復帰は検討の初期段階であり実質的な進展は何もないと記者会見で語った。また、「決定前にそうするだけの価値があることを確信している必要がある。率直に言って大統領は価値があると考えてはいないと私は思う」とも述べている。

トランプ大統領のTPP復帰検討指示について米国メディアは、トランプ大統領が真剣なのか口だけなのかははっきりしないと分析しており、その日には農業が盛んな州選出の議員らと会見していることや、米中貿易戦争でのカードとし、米国農業への影響を考慮しての発言だった可能性があるとしている。また、麻生財務大臣は、「トランプ大統領は気まぐれで、次の日には違うことを言う可能性がある」と指摘していたと記事は伝えた。(翻訳・編集/山中)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事