Record China

ヘッドライン:

植物界の生きた化石「ハンカチの木」が開花―中国

配信日時:2018年4月20日(金) 19時30分
拡大
浙江省杭州植物園には現在、比較的大きな「ハンカチの木」が5〜6本植えられている。生育状況は良好で、その独特な花の形を一目見ようと多くの観光客が同園を訪れている。
(1/3枚)

浙江省杭州植物園には現在、比較的大きな「ハンカチの木」が5〜6本植えられている。生育状況は良好で、その独特な花の形を一目見ようと多くの観光客が同園を訪れている。新華網が伝えた。

その他の写真

ハンカチの木は「植物の生きた化石」と呼ばれている。1000万年前の新生代第三紀からの残存生物で、中国南方にしか存在しない。羽をはためかせる白いハトのような花の形から、西洋の植物学者らにより「中国ハトの木」と名付けられた。(提供/人民網日本語版・編集/TK)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国の赤外線カメラが希少動物の珍しい瞬間を撮影、野生の茶色パンダも―中国メディア

中国国家林業・草原局保護司巡視員の厳旬さんは、「陝西長青国家級自然保護区はこのほど赤外線カメラを利用し、野生の茶色パンダの撮影に初めて成功した。1992年にも同保護区で野生の茶色パンダが見つかったが、今回は2回目の記録となった」と話した。

人民網日本語版
2018年4月19日 1時50分
続きを読む

ランキング