中国が新型「空母キラー」配備、核弾頭搭載も―中国メディア

配信日時:2018年4月19日(木) 10時20分
中国が新型「空母キラー」配備、核弾頭搭載も―中国メディア
画像ID  983332
17日、環球時報は、中国の新たな「空母キラー」ミサイルが部隊に配備されたと伝えた。資料写真。
2018年4月17日、環球時報は、中国の新たな「空母キラー」ミサイルが部隊に配備されたと伝えた。

記事によると、近ごろ中国中央テレビ(CCTV)が「ロケット軍の某ミサイル旅団において新しい型番のミサイル武器装備授与式が行われた。ミサイルは通常の弾頭と核弾頭の両方を装備可能で、速やかな核による反撃をすることができる。陸上の重要なターゲット、海上の大型・中型艦船に対して、中距離の正確な打撃が可能だ。このミサイルの正式な装備は、ロケット軍の戦略能力がまた向上したことを示す」と報じた。

このミサイルについて、記事は以前の軍事パレード上で出現した東風(DF)26中距離弾道ミサイルの可能性があるとの認識が一般的であるとした。DF26は3年前の2015年に初めて公開されたという。中国の軍事専門家・宋忠平(ソン・ジョンピン)氏は「このミサイルは、中距離対水上艦艇ミサイルとして、DF21D中距離対空母弾道ミサイルと射程上のコンビネーションを組むもの。中国の対空母梯団に新たメンバーが加わった。また、より多くの弾道ミサイルとも組み合わせて対空母装備とすることも可能であり、中国の対空母弾道ミサイルがすでに汎用化、標準化、シリーズ化したことの表れだ」と論じている。

記事はまた、CCTVの報道が「通常弾頭・核弾頭兼備のミサイル」であることを強調しているし、今後はこういった2つの能力をミサイルが今後の発展トレンドになるとの分析が出ていることを伝えた。宋氏は「ロケット軍は常規の軍事衝突で精確な打撃の使命と任務を果たすことができ、核戦争が起きたときには核弾頭に換装して二次的な核攻撃を行うことができるようになる」とした。

記事はさらに「CCTVは、ロケット軍がこの数年、核による反撃と中距離の精確な打撃能力づくりを大々的に強化しており、随時戦うことができ、正確なタイミングで発射し、確かに破壊するという能力を徐々に高めつつあることも強調した」と伝えている。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 二十世***** | (2018/04/20 15:17)

    【冷戦と 軍拡競争 別の物】
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/04/19 15:55)

    大国って結局臆病なんだよな。 「仮想敵」の装備を過剰に見積もり、それを大幅に超えるまで軍備を拡張する。仮想敵とされた国も同じ事を始めれば、際限のない軍拡競争が始まる。 核兵器なんて「脅し」に使うだけなら一発あれば十分だ。それなのに、冷戦の時は人類を何百回も滅亡させ得るほどの核を米ソは保有していた。そしてその量は冷戦時と比べても、さほど減ってはいない。 今現在、中国の主な仮想敵はインド、アメリカ、日本といったところか。まあ、軍拡競争は今や日本も参加してるフシがあるから、あまり他人の事は言えないか。借金財政で、社会保障の話をする時には必ず「財源ガー」って話になるんだけど、軍備拡張の話の時にはそうならないのは何でなんだろうね?
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事