Record China

ヘッドライン:

いきなりやめると言われても困る…中国の決定に振り回される各国―中国メディア

配信日時:2018年4月19日(木) 9時50分
拡大
18日、中国メディア・捜狐に、世界各国から廃棄物を輸入しリサイクルに利用してきた中国が今年1月から海外ごみの輸入を禁止したことを受け、各国から悲鳴が上がっているとする記事が掲載された。資料写真。

2018年4月18日、中国メディア・捜狐に、世界各国から廃棄物を輸入しリサイクルに利用してきた中国が今年1月から海外ごみの輸入を禁止したことを受け、各国から悲鳴が上がっているとする記事が掲載された。

記事はまず、中国が2017年7月、廃プラスチックや未分別の古紙、破棄紡織原料など24種類の固体廃棄物の輸入を年内で禁止すると世界に向けて宣言し、18年1月の禁止令の発効により、一般に「海外ごみ」と呼ばれるこれらの固体廃棄物は正式に閉め出されるようになったと紹介した。

記事は、「中国のごみ輸入量は1995年の450万トンから2016年の4500万トンへと、20年間で10倍に増えた」ことなどを紹介し、「中国の輸入禁止令からわずか数カ月で、各国ではごみが山積するようになり、『制御不能になったごみ』が米英韓日豪などのメディアでトップを飾り、中国の禁止令が世界を『ごみ危機』に陥れていると主張するメディアまで現れた」と指摘。英BBCが今年1月、「なぜ中国はあなたの廃棄物を欲しくなくなったのか」と題する記事を掲載したことや、韓国・聯合ニュースが今月2日、光州市内のごみ処理場に未処理のごみが山のように積まれているのを写真付きで報じたことなどを紹介した。

その上で記事は、海外で「いきなりごみの受け入れを止めるとも言われても困る」「中国のやり方は無責任だ」などの声が出ていることについて、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官が「これは国家の生態安全と国民の健康を守るための重大な措置だ。中国政府の国際法に基づく権利でもある。一部の国が中国に対し海外ごみの輸入を継続するよう要求しているが、それは道理に合わず、法的根拠もない。各国はバーゼル条約の精神に基づき、自分たちのごみは自分たちで消化することを願う」と回答したことを紹介した。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「海外からのごみ」輸入を全面禁止、日米豪は早急な対策を―中国メディア

環境汚染リスクが高く、国民からも非常に問題視されている廃プラスチックや未分別の古紙、繊維系廃棄物、バナジウムスラグなど固形廃棄物24種類の中国に対する輸入の全面的な禁止にともない、廃品回収産業が打撃を受けている西側諸国も少なくない。資料写真。

人民網日本語版
2018年1月19日 19時10分
続きを読む

中国が要らない海外ごみを日本が欲しがる?―米メディア

米ブルームバーグは9日、廃プラスチックや古紙など再利用できる資源ごみの輸入によって製造業の急成長を支えてきた中国が、今年末までに資源ごみの海外からの輸入禁止を表明する中、日本はそうした海外ごみに目をつけていると伝えた。資料写真。

Record China
2017年10月11日 15時40分
続きを読む

ランキング