Record China

ヘッドライン:

伊藤忠商事、総合職の3割が中国語話者に―中国メディア

配信日時:2018年4月19日(木) 6時50分
拡大
大手総合商社の伊藤忠商事は東京と大阪、上海で、中国ビジネス拡大のために進める人材育成で中国語話者が全社員の3分の1となる1000人に達し、13日に記念集会を行った。
(1/4枚)

大手総合商社の伊藤忠商事は東京と大阪、上海で、中国ビジネス拡大のために進める人材育成で中国語話者が全社員の3分の1となる1000人に達し、13日に記念集会を行った。人民網が伝えた。

その他の写真

在日本中国大使館の程永華(チョン・ヨンホア)大使はあいさつの中で、「日中両国が国交正常化を実現する前の1972年3月に、伊藤忠商事は中国政府によって『友好商社』と認定され、対中国貿易を展開し始めた。そして、それから46年間にわたり、中国と日中関係の発展を見守ってきた。今年は日中平和友好条約締結40周年で、中国改革開放40周年でもある。伊藤忠商事が中国語話者1000人達成を機に、日中両国の各分野のウィンウィン協力を促進するよう引き続き励み、日中関係の改善、発展のために積極的な役割を果たすことを心から願っている」と祝福した。

伊藤忠商事の岡藤正広会長兼最高経営責任者(CEO)は、「当社は2015年1月に、中国中信集団(CITIC)とタイのCPグループと歴史的な業務・資本提携契約を締結して以来、3年間で中国語人材を1000人とする目標を設定した。現時点で、中国語検定試験「HSK」の合格者が合わせて総合職の3分の1にあたる1043人となった」と説明した。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社またはライセンス元に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「中国経済崩壊論」は暴論だった!=10年後には名実ともに米国抜き、世界一に―米欧アジアを“吸引”、勢い止まらず

「中国崩壊の序章」「中国経済、破たんへ」…。日本の書籍、週刊誌や月刊誌、夕刊紙などは、中国経済の先行きについて「破たん」「崩壊」といった一方的な見通しを強調し、否定的な面だけをクローズアップしたりする傾向が鮮明である。写真は中国人観光客(東京・銀座)。

八牧浩行
2017年9月19日 5時0分
続きを読む

なぜ穀物小国の日本には穀物メジャーに匹敵する商社があるのか?「日本を見てから中国を見ると、中国人であることは悲哀でしかない」―中国ネット

19日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本には穀物メジャーに匹敵する商社がある理由について分析する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2016年10月22日 1時10分
続きを読む

伊藤忠商事が中国語話せる人材を1000人に=「中国語が世界経済を救う」「先を見据えた戦略だ」―中国ネット

5日、中国メディアの聯合早報は、伊藤忠商事が中国語を話せる人材を2018年3月までに社員の約1/4にあたる1000人に増員すると伝えた。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2015年12月7日 7時0分
続きを読む

「米中貿易戦争が本格化する」と考える中国輸出業者はわずか4社に1社―露メディア

17日、トランプ米政権が発表した対中関税措置に中国側が報復を表明するなど、米中間の貿易摩擦が激化しているが、中国の輸出業者のうち「米中貿易戦争が本格化する」と考えているのは4社に1社程度の割合でしかないことが調査で明らかになったという。資料写真。

Record China
2018年4月18日 14時40分
続きを読む

ランキング