北京国際映画祭「日本映画週間」開幕 「今夜、ロマンス劇場で」など6作品が上映

配信日時:2018年4月17日(火) 18時0分
北京国際映画祭「日本映画週間」開幕 「今夜、ロマンス劇場で」など6作品が上映
画像ID  983040
第8回北京国際映画祭の「日本映画週間」のオープニングセレモニーが16日、北京の万達影城で開催した。
第8回北京国際映画祭の「日本映画週間」のオープニングセレモニーが16日、北京の万達影城で開催され、日本の著名な映画監督、俳優、女優らが出席した。オープニング上映の「今夜、ロマンス劇場で」に出演している女優・石橋杏奈、上原寿一プロデューサー、「栞」の俳優・阿部進之介、女優・池端レイナ、榊原有佑監督らも登壇した。「忍びの国」のロケ地となった長野県のPRキャラクターのアラクマも日本映画週間の特別ゲストとして登場した。人民網が報じた。

今年の日本映画週間でも日本の最新作、話題作となっている「今夜、ロマンス劇場で」、「栞」、「ケアニン〜あなたでよかった〜」、「ユリゴコロ」、「不能犯」、「忍びの国」の映画6作品が上映される。在中国日本大使館の川上文博文化部長は挨拶の中で、「2018年は日中平和友好条約締結40周年という記念すべき年。この40年間、両国の経済、文化、人員などの面の交流は飛躍的な発展を遂げてきた。そして、映画も両国の交流史上、大きな役割を果たしてきた。現在、中国の映画市場も大きく発展し、毎年、多くの洋画が上映されている。16年には日本のアニメーション映画『君の名は。』が上映され、大ヒットしたことは記憶に新しい。昨年は日本映画が9作品、今年はすでに3作品が中国で公開された。映画鑑賞は外国文化を理解する良い機会で、日本映画週間を通して、多くの人が日本に対する理解を深め、日本旅行に行ってみたいと思うようになってもらえれば」と語った。

今回の「日本映画週間」関連のイベントは22日まで行われ、映画上映のほか、20-22日にはミュージカル「陰陽師〜平安絵巻〜」北京公演が開催される。(編集KN)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事