第8回北京国際映画祭が開幕 コンペティション部門に15作品がノミネート

配信日時:2018年4月17日(火) 17時40分
第8回北京国際映画祭が開幕 コンペティション部門に15作品がノミネート
画像ID  983021
第8回北京国際映画祭のレッドカーペットイベントと開幕式が15日夜に開催された。
第8回北京国際映画祭のレッドカーペットイベントと開幕式が15日夜に開催され、米国の人気女優のクロエ・グレース・モレッツや香港の陳可辛(ピーター・チャン)監督、映画監督で俳優の呉京(ウー・ジン)、俳優の雷佳音(レイ・ジャーイン)、余文楽(ショーン・ユー)、女優のトン・リーヤー、杜鵑(ドゥ・ジュアン)など豪華なゲストが一堂に会した。国際在線が報じた。

北京国際映画祭の発展の過程は、中国映画の発展の縮図と言える。近年、中国の映画業は繁栄、発展の黄金時代に突入しており、創作の活力は強力で、映画市場は活気に満ちている。2017年、「戦狼2(ウルフ・オブ・ウォー2)」の興行収入が56億8000万元(約965億円)に達し、中国の歴代興行収入記録を塗り替えた。また、動員数は1億5900万人に達し、一つの市場としては世界最多記録を塗り替えた。18年第一四半期(1-3月)、中国映画市場は引き続き絶好調で、春節初日(2月16日)の興行収入が12億6100万元(約214億円)と、一日当たりの興行収入としては世界最多記録を樹立した。同期の興行収入は200億元(約3400億円)に達し、三カ月間の興行収入としては世界最多記録となった。その他、「紅海行動(OPERATION RED SEA)」、「僕はチャイナタウンの名探偵2(原題:唐人街探案2)」など、中国映画3作品の興行収入が20億元(約340億円)を突破した。

北京国際映画祭の開幕式で、それらの映画のクリエイターらが映画に対する見方を語った。

「メコン大作戦」と「紅海行動」のメガホンを握った林超賢(ダンテ・ラム)監督は、「現実主義が今後しばらくの間、映画界で人気のテーマとなるだろう。僕は長年アクション映画を製作してきたが、今になって戦争映画『紅海行動』を製作して感じるのは、『疲れた』の一言。でも、僕はこのテーマが好き。見る人の心を熱くさせるプラスのエネルギーに満ちた映画が好きなんだ。現実主義というテーマは、僕に大きな自信をくれている」と語った。

「僕はチャイナタウンの名探偵2」の陳思成(チェン・スーチェン)監督は、今後10年の中国映画市場を非常に楽観視しており、「10年後、中国の興行収入はもっと増加しているだろう。でも、僕が一番望んでいるのは、その時、もっと多くの海外の人々が中国映画を見るようになっていること。周知のとおり、ハリウッド映画の現在の北米における興行収入は全体の30-40%にすぎず、残りは海外における興行収入だ。僕たちの世代の映画人が一緒に努力して、もっといい映画をもっとたくさん作って、世界の人に見てもらうことを願っている」と語った。

今回の北京国際映画祭は15日から22日まで開催され、コンペティション部門「天壇賞」の選出のほか、中国国内外の優秀な映画の上映イベント、対話、フォーラムなどが行われる。「天壇賞」には、チェコ映画「Barefoot」、インド映画「Dark Wind」、フランス映画『Dog』など海外の13作品、中国映画の「十八洞村(Hold Your Hands)」と「紅海行動」の2作品、合わせて15作品がノミネートされている。審査委員長を務める香港の王家衛(ウォン・カーウァイ)監督は、「ここ数日、『今年の審査基準は?』と何度も聞かれるが、僕個人の経験から言うと、いい映画というのは、どんなテーマ、長さであっても、製作者の作品に対するひたむきな心やこだわりが表れているという共通点がある。だから、今年も審査委員らは映画の芸術的要素を重視する」と話す。

最優秀監督賞や最優秀女優賞など10部門の賞からなる「天壇賞」は22日の閉幕式で発表される。(編集KN)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事