ヒューストン経由北京発パナマ行のエアライン開通

配信日時:2018年4月17日(火) 0時20分
画像ID 
中国国際航空股フン有限公司(CA)はこのほど、ヒューストン経由北京発パナマ行のエアラインを開通した。中国はパナマにとって、世界第2位の貿易相手国であると同時に、パナマ運河を世界で2番目に多く利用している国でもある。新路線の開通によって、両国の旅客の往来がさらに便利になるだけでなく、同社のアメリカ大陸輸送力も強化された。同社は現在までに、ニューヨーク(ケネディとニューアーク)、ワシントン、ロサンゼルス、サンフランシスコ、サンホセ、ハワイ、バンクーバー、モントリオール、ハバナ、サンパウロなど12空港に乗り入れており、毎週200便以上のフライトを運航させている。人民日報が伝えた。(編集KM)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<