5G通信帯域をフルカバー可能?中国人発明の「汎用チップ」

配信日時:2018年4月16日(月) 23時0分
画像ID 
モバイル通信は現在、5G時代を迎えようとしている。しかし国によっては5G通信帯域が異なるため、海外では5G携帯電話が使えなくなる可能性がある。この問題をいかに解消すべきだろうか。新華社が伝えた。

電子科技大学電子科学・工学学院の博士課程に在学する張浄植氏は、国際固体素子回路会議2018(ISSCC 2018)で論文を発表し、「強整合変圧器に基づく電流向上技術」を打ち出し、一種類のチップによる複数帯域のカバーを初歩的に実現し、「世界共通」に実現性を持たせた。

従来のモバイル通信は主に3Gヘルツ以下の低帯域を使用していたが、5G通信は高帯域を中心とする。各国が5G通信に用いる帯域は現在、それぞれ異なっている。携帯電話のチップがこうした多くの帯域をカバーできなければ、海外で携帯電話を使用できなくなる。

広帯域「汎用チップ」を開発し、これらの帯域をフルカバーすることはできるだろうか。張氏が同会議で示した研究成果は、この構想を実現させている。張氏は3年間の研究を経て設計した5G「汎用チップ」のサイズは1平方ミリメートル以下で、針の断面に相当するという。(編集YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<