2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

王毅外相が訪日、日中韓首脳会談の調整、日中ハイレベル経済対話も再開―仏メディア

配信日時:2018年4月16日(月) 10時20分
王毅外相が訪日、日中韓首脳会談の調整、ハイレベル経済対話も再開
画像ID  982470
中国の王毅外相が15〜17日の日程で日本を訪問。16日には河野太郎外相とともに議長として8年ぶりの日中ハイレベル経済対話に出席する。
2018年4月14日、ラジオ・フランス・アンテルナショナル(RFI)によると、中国の王毅(ワン・イー)外交部長(外相)が15〜17日の日程で日本を訪問。16日には河野太郎外相とともに議長として8年ぶりの日中ハイレベル経済対話に出席する。

長期的に停滞している日中間の経済対話を再開させるとともに、5月に予定している日中韓首脳会談に向けた準備を話し合い、日中関係や北東アジア情勢の改善をアピールするものとみられる。

3月下旬、北朝鮮金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が中国を電撃訪問したことで中国は朝鮮半島情勢での重要性を増したが、日本ではそうした変化から取り残されることへの懸念から日中関係改善に期待が高まっている。

しかし、澎湃新聞によると、上海国際問題研究院日本研究センターの蔡亮(ツァイ・リアン)副研究員は、こうした交流を深める姿勢は2017年から始まった関係改善の延長にあると評価する一方で、日本は中国の台頭に強い警戒を抱いており、安全保障面では対立が深まる恐れもあると指摘した。(翻訳・編集/岡田)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事