Record China

ヘッドライン:

韓国サムスン、中国スマホ市場でシェア1%割り込み「風前の灯火」―中国メディア

配信日時:2018年4月16日(月) 7時30分
拡大
14日、中国メディアの華夏時報は、韓国・サムスン電子製スマートフォンの中国市場でのシェアが1%を割り込み「風前の灯火」状態だと報じた。写真はサムスン製スマートフォン。

2018年4月14日、中国メディアの華夏時報は、韓国サムスン電子製スマートフォンの中国市場でのシェアが1%を割り込み「風前の灯火」状態だと報じた。以下はその概要。

サムスン電子は業績を落としている中国市場へのてこ入れを行ったが、シェア縮小を止めることができていない。

米市場調査会社ストラテジーアナリティクスの最新の統計によると、17年第4四半期の中国スマートフォン市場におけるサムスンの販売数は980万台で、11年以降で初めて1000万台を割り込み、シェアは0.8%にまで減少した。13年第2四半期には20%ものシェアを持っていた。

サムスンは昨年、中国市場でのシェア回復に向け一連の組織改革を実施した。消費者目線での効率化を図ったが、期待した効果は上がらなかった。サムスンは今後、発表したばかりの新機種ギャラクシーS9を軸にシェア回復を図ることになる。

だが、ローエンドからミドルレンジでは華為(ファーウェイ)やOPPO、Vivo、小米(シャオミ)などコストパフォーマンスに優れる中国メーカーに、ハイエンドでは人気の高い米アップルにそれぞれ包囲されている。サムスンの業績回復は難しい状況だ。(翻訳・編集/岡田)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

サムスン最新スマホのバッテリー性能、ライバル社より劣ることが判明=韓国ネットから不満の声

2日、韓国メディアによると、サムスン電子のスマートフォン・ギャラクシーS9に対し「最新スマートフォンと比べてバッテリーの持続時間が短い」とする調査結果が出た。韓国内のユーザーからも不満の声が出ているという。写真はサムスンのロゴ。

Record China
2018年4月3日 10時40分
続きを読む

周囲の懸念をよそに、韓国サムスンが新スマホの人気を確信する理由とは?

5日、韓国メディアによると、韓国サムスンの新たな戦略スマートフォン・ギャラクシーS9について、市場からは「以前のシリーズのアップグレードバージョンにとどまっている」との懸念が出ている。しかし、当のサムスン側はその販売量を確信しているという。資料写真。

Record China
2018年3月7日 6時20分
続きを読む

ランキング