北京国際映画祭「天壇賞」審査委員が登場

配信日時:2018年4月16日(月) 9時50分
北京国際映画祭「天壇賞」審査委員が登場
画像ID  982289
第8回北京国際映画祭の「天壇賞」国際審査委員会の記者会見が13日に北京飯店で行われた。
第8回北京国際映画祭の「天壇賞」国際審査委員会の記者会見が13日に北京飯店で行われた。代表の王家衛(ウォン・カーウァイ)監督と6人のメンバーがそろって出席した。人民網が伝えた。

今回「天壇賞」の国際審査委員会主席を務めるのは、王家衛監督だ。審査員は、米国の映画監督で脚本家のロブ・コーエン氏、中国の俳優・段奕宏(ドアン・イーホン)、ポーランド作曲家のヤン・A・P・カチュマレク氏、ルーマニアの映画監督カリン・ピーター・ネッツァー氏、スウェーデンの映画監督で脚本家のリューベン・オストルンド氏、中国の女優・舒淇(スーチー)の6人が務める。(編集KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事