まさに夢のよう!日本と中国の駅弁の差は「ほんの少し」どころではない―中国人記者

配信日時:2018年4月14日(土) 7時30分
夢!日本と中国の駅弁の差は「ほんの少し」ではない―中国人記者
画像ID  981867
12日、鳳凰網は、日本の駅弁の魅力について伝える記事を掲載した。写真は駅弁。
2018年4月12日、鳳凰網は、日本の駅弁の魅力について伝える記事を掲載した。

記事は、「日本の駅弁の歴史は栃木県宇都宮駅が発祥で、梅干し入りごま塩握り飯2つに、たくあんを添えて竹皮に包んで販売された」と紹介。「その後、鉄道の発展に伴い、駅弁も改良が加えられ、今では5000種類以上の駅弁があると言われている」と伝えた。

記者は実際に日本の新幹線に乗車した際に駅弁を購入して食べたといい、「値段はそれほど高くないのに品質は確かだ」と高く評価。ご当地弁当などがあることも紹介し、「地方の食材をふんだんに使用しているので、乗車すると食べたくなる」と感想を語った。

また、「駅弁は新鮮なだけでなく、彩りも美しく、おかずの種類も豊富」と紹介。「駅弁は日本の文化。中国の駅弁との差はほんの少しどころではない」としている。さらに、「日本政府も駅弁を重視している」とし、「例えば、毎年1月に京王百貨店では京王駅弁大会が開催されているが、これは40年もの歴史があり、多くの顧客を集める」と紹介した。

記事は興味深い点の1つとして、「インスタントラーメンは日本が発祥だが、鉄道車内でカップ麺を食べる人はほとんどいない。一方、中国ではよく見る光景だ」と、日中の違いを指摘した。

最後に「駅によって違いはあるが、たいてい駅弁専門店がある。店にはきれいに包装された弁当の数々が並んでおり、目移りしてしまう。電車に乗り、風景を楽しみながらご当地の美食を楽しめる。これは旅行好きの食いしん坊にとっての夢だ」と結んだ。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Ken***** | (2018/04/16 09:54)

    >鉄道車内でカップ麺を食べる人はほとんどいない。 そもそも駅売店でカップ麺って売ってなくないか? 駅外のコンビニみたいにお湯のポットが置いてあったりもしないだろ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ken***** | (2018/04/14 10:51)

    中国の駅弁もバカにしたものではありません。到底日本のお弁当が足下にも及ばないのが賞味期限です。かつては半年とされていましたが、今ではさすがに安全を考慮したのか?常温保存90日(不活性ガス充填 国家衛生部認可)となっているようです。私は食べたことがありませんが(お腹を壊して死にたくないので金をもらっても絶対に食べませんが)ケミカル風味の切ない味なのだそうです。印刷技術や火薬は中国が発明したチャイナ・テクノロジーが世界を席巻したのと同様に駅弁常用保存90日というニュー・チャイナテクノロジーで高速鉄道輸出と抱き合わせ販売で国の威信をかけて頑張ってください!
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 774***** | (2018/04/14 08:37)

    弁当は冷や飯。中国には冷や飯文化がないとよく言われる。冷たい物は身体を冷やし病気の原因になると。 昔の旅や戦争の時に携帯食はどうしていたのか、冷たい食事もしていたはずで、そういう文化を探してそこから普及に繋げないと駅弁文化は発展しないのでは。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事