日本一美しい「ミス中国語スピーカー」コンテスト、ファイナリスト8人が決定!東大生コスプレイヤーも

配信日時:2018年4月13日(金) 16時20分
日本一美しい「中国語スピーカー」コンテスト、決勝進出8人が決定!
画像ID  981824
「第1回ミス・マンダリンコンテスト2018」のファイナリスト8人が9日に決まった。4月22日に決勝戦が行われグランプリが決定する。
「第1回ミス・マンダリンコンテスト2018」のファイナリスト8人が9日に決まった。ファイナリストには、ミス総理大臣2017グランプリで、現役東大生コスプレイヤーの鈴木柚里絵さんや、ミスユニバースジャパン神奈川2017大会のファイナリスト江原郁美さんをはじめ、現役早大生、北京大生。モデルやタレントのたまご、会社員ら8人。4月22日に決勝戦が行われグランプリが決定する。

その他の写真

鈴木柚里絵さんは、「私は茶道・華道といった伝統文化から、アニメ漫画などのポップカルチャーに至るまで、おもてなしの心を基盤にした日本文化総体を愛しています。将来は、得意の武術的表現を生かしながら、日本文化を世界に発信する活動をしていきたいと思っています」と意気込みを語った。

さらに、早稲田大学の吉川慧玲さんは「日中双方の観点から培った知識を活かして、日中間の友好関係を強化する国際機関に従事することが、私の将来の一番の目標です。中華圏における友好大使になることで、自分自身が周囲にプラスの影響力を与え得る、アジア女性のロールモデルになりたいです」と将来の夢について話した。

このほか、日本大学芸術学部に在籍する劉容辰さんは「日本のアニメ、ゲーム文化が大好きです。将来の目標は、石原さとみさんのような素晴らしい女性になることです。世界で活躍できるような女優を目指して頑張ります。皆さん、どうか、ミス・マンダリンで優勝できるよう応援してくださいね」と抱負を語った。

決勝は6人の審査員の投票によってグランプリが選ばれ、日中で活躍する俳優・矢野浩二氏も審査員をつとめる。ミス・マンダリン2018のグランプリに輝いた女性には、中国最大のソーシャルメディア微博から芸能人認証アカウントがプレゼントされる。(編集/内山
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事