日本の家ではなぜタイル張りの床が少ないのか、中国メディアの見立ては

配信日時:2018年4月15日(日) 22時20分
日本の家ではなぜタイル張りの床が少ないの?中国メディアの見立ては
画像ID  981790
12日、房天下は、「どうして日本の部屋の床はタイル張りが少ないのか」とする記事を掲載した。資料写真。
2018年4月12日、房天下は、「どうして日本の部屋の床はタイル張りが少ないのか」とする記事を掲載した。

記事は「タイルは美観に優れている上、汚れれば雑巾で水ぶきすればいいので掃除も楽。しかも低価格だ。かたやフローリングはお金がかかる上、設置条件が複雑であるほか、手入れが面倒だ。それなのに、どうして日本ではタイル張りではなくフローリングの床が多いのか」と疑問を提起した。

その答えとして、記事は「実は日本人の生活習慣に関係がある」と指摘する。「例えば、日本人の多くは床の上に布団を敷いて寝る。日本では地震がしばしば起きるが、寝ている間に地震が起きて避難しようという時に、地面がタイル張りだと非常に冷たい。そして、眠っている時もタイル張りでは心地よくない。フローリングの方が(日本人の生活に)向いているのだ」と解説している。

さらに、「日本人が帰宅して真っ先にやることは、靴を脱ぐこと。彼らは裸足で部屋の中を歩く習慣があるが、この時にタイル張りの床では非常に冷たく感じ、それが長時間続けば体にも悪い。フローリングは素足に心地よく、体温も低くならない。これも、日本の家庭の多くがフローリングを選ぶ理由になっている」と伝えている。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/04/16 20:42)

    木材は水分を吸収するが、タイルは水をはじく。家族の健康を考えたらフローリングにすべきである。本当は壁もクロスではなく木材貼りの方がいいのだが、さすがに経費がかかりすぎて難しいだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ali***** | (2018/04/16 05:40)

    「靴を脱ぐから」というのが一番で最大の理由だろう。 アホな解説だな。 最近は布団をしかずにベッドで寝る人も非常に多いよ。理由にするには弱すぎる。 中国人みたいに、食事の時食べかすを床に散らかす習慣がないから、そんなに汚れないしね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ロビタ***** | (2018/04/16 01:40)

    タイル張りは浴室とトイレくらい。 フローリングが基本で皆その上にじゅうたんを引いている。 床暖房の家は、フローリングのままです。 日本は部屋を用途によって全く違う作りにしてある。 今時は、フローリングの上にベットがありそのまま寝ている。 畳の引いてある部屋もありその部屋には仏壇が置いてある。 地方によるが掘りごたつ式になっていて冬は、机に布団を被せてこたつとして使う。 鍋料理や、しゃぶしゃぶは、掘りごたつ式になっていて居る部屋で食べる。 焼肉、すき焼きの様に煙が多く出る時は、フローリングの部屋の机で食べる。 地方は、家族で食事を食べる事が多い。 >日本人の多くは床の上に布団を敷いて寝る。 これは来客が来た時だけ仏壇のある12畳程の部屋に、布団を引いて来客に過ごして貰う。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事