中国の再生可能エネルギー、2040年には世界の3割超に―中国メディア

配信日時:2018年4月16日(月) 6時0分
中国の再生可能エネルギー、2040年には世界の3割超に
画像ID  981880
北京市で11日に発表された「BP世界エネルギー展望(2018年版)」は、中国のエネルギー構造の持続的な変化に伴い、一次エネルギーに占める石炭の割合は2040年には2016年の62%から36%に低下すると予想している。写真は太陽光発電。
北京市で11日に発表された「BP世界エネルギー展望(2018年版)」(以下、「展望」)は、中国のエネルギー構造の持続的な変化に伴い、一次エネルギーに占める石炭の割合は2040年には2016年の62%から36%に低下すると予想している。再生可能エネルギーは3%から18%に上昇し、世界全体の再生可能エネルギーの31%を占め、中国は2026年ごろには二酸化炭素排出のピークを迎えることになるとしている。科技日報が伝えた。

展望はさらに、世界が2040年よりガソリン車の販売を禁止する可能性を想定し、その場合は液体燃料の需要量が1日当たり約1000万バレル減少すると予想している。しかし、「ガソリン車禁止令」が出ても、2040年の石油需要量は依然として2016年を上回るとしている。

BPグループの戴思攀(ダイ・スーパン)上席エコノミストは、「電気自動車の急成長により石油の需要が減少するとの見方もあるが、電気自動車がどれほど急成長しようとも、この見方は基本的なデータを根拠とするものではない」との見方を示した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/04/16 20:36)

    フィリピンが南シナ海の海底油田を掘削したら『中国と戦争になる』のではなかったのか。太陽光から無限のエネルギーが得られるなら、油田くらいフィリピンにくれてやれよ。『どんな言葉も〈形〉には勝てない』いくら本当らしい言葉を並べても、行動と矛盾しては意味がない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • たまて***** | (2018/04/16 06:35)

    太陽光パネルの耐久年数は20~30年と謳われているが、20年持たすにはメンテナンスが必要になるし、大規模な災害や事故が起これば1年未満のものでも修理されず破棄される。 また太陽光パネルは事故等が起きても発電自体は行われており、二次災害を生む危険性がある。アスクル倉庫火災でも消火活動が遅れたのは太陽光パネルが一因とされている。 さらに太陽光パネルは分離処理にコストが掛かり、リサイクルが出来ないと言われている。いま建築され続けている再生可能エネルギー施設も、太陽光パネルが壊れても再資源化されることも無く、鉛やセレンが含まれた有害ごみとして地中に埋められる。 他にも補助金目当てで多くの中国事業者が進出して来ており、採算が合わなくなったらそのまま放置される可能性も高い。 あと日本の場合は、民主党の置き土産として、毎年『再生可能エネルギー発電促進賦課金』で9,504円盗られてるのもお忘れなく‥
    このコメントは非表示に設定されています。
    7 0
最新ニュースはこちら

SNS話題記事