Record China

ヘッドライン:

サムスンのスマホはなぜ中国で惨敗しているのか―韓国紙

配信日時:2018年4月16日(月) 8時0分
拡大
2017年第4四半期の中国スマートフォン市場におけるサムスン電子のシェアはわずか0.8%で、予想されていた半分程度にとどまった。写真はサムスンのスマートフォン。

2018年4月11日、中国メディア・騰訊(テンセント)によると、韓国紙・中央日報(英語版)がスマートフォン大手・サムスン電子の業績不振を分析する記事を掲載した。

米市場調査会社・ストラテジーアナリティクスが8日に発表した報告書によると、2017年第4四半期の中国スマートフォン市場におけるサムスン電子のシェアはわずか0.8%で、予想されていた半分程度にとどまった。

2017年の通年でもサムスンは前年からシェアを落とし、9位に転落。ローエンド〜ミドルレンジでは中国メーカーが、ハイエンドでは米アップルがシェアを占め、いわば米中から挟撃に遭う格好となって中国市場で業績を大幅に落としている。

アップルもバッテリー問題で集団訴訟を起こされるなどの事案もあったが、シェアは間もなく回復し、ハイエンド市場での求心力は揺らいでいない。一方、地方部の市場ではコストパフォーマンスの高い中国メーカーがシェアを伸ばし、サムスンの居場所は縮小を続けている。

サムスンが業績を落としているのは中国市場だけではない。2017年第4四半期、中国の新興ブランド・小米(シャオミ)がサムスンを抑えて新興市場のインドでシェア1位となった。

小米は2017年第1四半期にはサムスンの半分ほどしかシェアがなかったが、それから急激にシェアを伸ばした。サムスンはインドで6年連続シェア1位だった。世界的に見ればサムスンはまだまだ「スマホの巨人」ではあるものの、2大市場である中国とインドで極めて厳しい状況に陥っている。

業界に詳しい人物は、「サムスンの今後は、2019年に発表されるとみられる折り畳み式の端末にかかっている」と指摘するが、ある研究者は各市場に合わせた端末を投入する以外に、ハード面での新たなイノベーションも求められていると話した。(翻訳・編集/岡田)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

平昌五輪スマホをもらえなかったイランが“報復”?韓国製品の輸入過程を調査へ=韓国ネット「幼稚だ」「なんで韓国に八つ当たり?」

12日、国際オリンピック委員会は平昌五輪に参加したイランの選手4人に対し、国連制裁を理由にサムスン電子のスマートフォン「ギャラクシーノート8」をしばらくの間配布しなかった。イラン現地ではいまだにこの騒動の“余震”が続いている。写真はサムスンのロゴ。

Record China
2018年2月13日 18時50分
続きを読む

韓国大統領府もお手上げ?HPに続々と寄せられる「国民請願」の内容とは=韓国ネット「他に信じられる場がない」「無理は承知の上」

23日、韓国大統領府は「国民が問えば政府が答える」という趣旨から大統領府ホームページ内に「国民請願および提案」の掲示板を運営しているが、韓国メディアがこのほど「大統領府が権限外の請願に困惑している」と伝えた。写真は韓国大統領府。

Record China
2018年2月23日 21時40分
続きを読む

今の日本は韓国に頼るしかない?日本外相の2年半ぶりの訪韓で“関係改善”に期待=「下手に出る日本は久々」「まずは誠意ある謝罪から」―韓国ネット

12日、南北首脳会談と米朝首脳会談を前に、河野太郎外相が約2年半ぶりに韓国を訪問した。これについて、韓国メディアは「慰安婦合意後初となる日本外相の訪韓をきっかけに、冷え切った日韓関係も雪解け期を迎えることが期待されている」と伝えている。資料写真。

Record China
2018年4月12日 12時50分
続きを読む

ランキング