隣家の愛犬で料理を作った韓国人の男、飼い主を食事に招待=ネットに衝撃走る

配信日時:2018年4月12日(木) 23時40分
隣家の愛犬で料理を作った韓国人の男、飼い主を食事に招待
画像ID  981539
11日、韓国メディアによると、韓国で隣人の愛犬を連れ去り、殺して食用にした60代の男に批判の声が続出している。資料写真。
2018年4月11日、韓国・ソウル新聞によると、韓国で隣人の愛犬を連れ去り、殺して食用にした60代の男に批判の声が続出している。

記事によると、韓国のネット掲示板に10日、「助けてください。私の犬が隣人に残酷に殺されました」と題するスレッドが掲載された。スレッド主は30代の女性で、その内容は「私が育てていた2歳のウェルシュコーギーのクリが先月4日午後にいなくなった。翌日には謝礼金を用意し、横断幕を出したり、村の住民らにビラを配ったりして探し回った。ネット上でも情報を呼びかけたが見つからなかった。しかし1カ月が過ぎた今月9日、ある住民から『クリは食べられた』という衝撃的な情報を得た。さらに驚いたのはその犯人が隣に住む男性だったこと」というものだった。

スレッド主がビラを渡しに行った際、男は「(クリを)見ていない。見つけたら連絡する」と話していたという。さらにその翌日、男はクリがいなくなって悲しむ女性の両親を慰めるため共に酒を飲み、翌々日には女性の父親に畑仕事を手伝うよう頼んでいたそうだ。またスレッド主は「クリが私の愛犬という事実を(男性が)知らないはずがない」とし、「散歩させている時など、クリが子犬の時から何度も会っている」と説明した。さらに男はクリを殺して調理した後、女性の父親を食事に招待していたとのこと。

女性からの通報を受け捜査を開始した警察に対し、男は「犬が庭でうるさく吠えたため石を投げたところ、気絶したので電気コードで首を絞めた」「死んだ犬で料理を作ったが自分は食べず、他の人たちに配った」などと述べているという。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「人間のすることとは思えない」「非常に悪質だ。厳しく処罰してほしい」「飼い主にとっては家族同然なのに」など批判の声が数多く上がり、衝撃が広がっている。また「女性への精神的な被害補償はどうする?大きなトラウマを抱えて生きていくことになる」と女性を気遣う声も。

さらに「犬だからと軽く考えてはいけない。凶悪殺人犯の人生をみると、幼少期に動物を虐待しているケースが多いとの研究結果もある」と指摘する声も上がっている。

一方で「うるさく吠える犬を放置している飼い主にも問題がある」との主張も寄せられている。(翻訳・編集/堂本
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事