日本語で騒いだ女性に批判から一転、擁護の声―中国メディア

配信日時:2018年4月12日(木) 22時10分
日本語で騒いだ女性に批判から一転、擁護の声―中国メディア
画像ID  981510
11日、澎湃新聞は、中国高速鉄道車両内で大声を出して注意され、日本語を叫びながら抵抗した女性について、その後精神障がい者であることが発覚し、障がい者団体の関係者が「静かに見守ってあげて」と呼びかけたことを伝えた。写真は動画のキャプチャ。
2018年4月11日、澎湃新聞は、中国高速鉄道車両内で大声を出して注意され、日本語を叫びながら抵抗した女性について、その後、精神障がい者であることが発覚し、障害者団体の関係者が「静かに見守ってあげて」と呼びかけたことを伝えた。

4月5日、武漢発大連北行きの高速鉄道G2627号の車内で、女性が大きな声を出してネットのライブ配信を行っていたため、別の乗客からクレームが出た。警察官が制止しようとすると、女性は日本語で叫び始めて抵抗し、暴れた。一部始終を撮影した動画がネット上で拡散し、女性への非難が殺到した。

そして、その数日後に一部メディアが、女性は精神障がい者であることが判明したと報じ、再び注目を集めた。女性が住む遼寧省瓦房店市障がい者連合会の幹部は「女性は以前、日本で働いていたが、その後、重大な事件による刺激で精神に失調をきたし、うつ病を患った。2010年に地元の病院で入院治療を行い、15年には障がい者手帳が交付された」と明かし、今回の件がネット上で拡散したことで当事者や家族の日常生活が大きく妨げられていると指摘。「喫緊の問題は、速やかに今回の件を沈静化させて、当事者に2次的、3次的な刺激やダメージを与えないようにすることだ」と語った。

また、大連市精神障がい者組織の代表者は「精神障がい者たちを盲目的に縛り付けるのは間違っている。皆さんには障がい者たちに一層の寛容さ、理解、配慮をぜひ持っていただくようお願いしたい」とコメントしている。

これを受け、中国のネットユーザーからは「私たちは寛容な心を持って病気を抱える女性に接するべきだ」「もし私たちが事故を持つことができない病気の人に優しくできないのであれば、それは私たちのほうが病気にかかっているのだ」「誰も好き好んで病気になるわけじゃない。症状だって自分でコントロールできないこともある。精神病についてよく知り、寛容になることが文明の体現ではないか」といったコメントが寄せられた。

一方で、「精神病でもライブ配信ができるの?」と疑念を抱く声や、「そんなに重い病気ならだれか付き添わないといけないのでは?」「寛容になるのは間違っていないが、街中では誰がそのような病気なのか、見た目では判断ができない」といった意見も少なくなかった。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ひだま***** | (2018/04/14 14:43)

    そもそも、人間社会の絶対多数は 病気や死に対する知識/認識/自覚を疎かにし欠いて育ち・暮らしていることすら気付かずに無頓着/鈍感/愚鈍/無神経/無感覚/無意識/不認識/認識不足/無知/未知に生きているだけに過ぎない。 その様な者達が 多数決(数の論理/力の論理)によって 正義や常識を主張して決めているのが「民主主義」「民主的」「主義/主張/イズム/イディア/アイディア/イデオロギー/哲学」という排他的な言葉の意味内容・中身であるに他ならない。 日常的・普遍的・自然発生的に 病気や死があって繰り返して堂々巡りしているにも関わらず それを他人事や別次元の世界の出来事として捉えて想像力上でイメージして(思考して)生きている実状/現状/勘違い/混同/混乱/迷いの世界/錯覚/無意識/無自覚/無頓着性/慣れ性の中に陥っているに他ならない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/04/14 11:48)

    往々にして、差別は無理解から始まるからね。 そういう症状の人を実際に目にしたら困惑するというのは分かるけど、病気に対する知識は頭の片隅に留めておいた方がいい。それだけで過剰な批判には繋がらなくなる。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事