日本の外相は「焦って」韓国へ行った?―中国メディア

配信日時:2018年4月12日(木) 18時0分
日本の外相は「焦って」韓国へ行った?―中国メディア
画像ID  981483
12日、深セン特区報は、「日本の外相が焦って韓国へ行った」と題する記事を掲載した。資料写真。
2018年4月12日、深セン特区報は、「日本の外相が焦って韓国へ行った」と題する記事を掲載した。

河野太郎外相は10日、韓国を訪問し、11日に文在寅(ムン・ジェイン)を表敬訪問した。これは、文大統領の任期中において初となる日本の外相との会談となる。今回の訪韓の目的について河野外相は、「韓国が南北首脳会談の準備を進める中で、議題について韓国と徹底的に意見交換したい」と述べていた。

記事は、最近日韓関係が悪化していたことを指摘し、「その主な要因は2015年の慰安婦問題日韓合意について、韓国側が日本に対し、第二次世界大戦中のアジア諸国に対して犯した悪行についての正式な謝罪等を要求していることにある。しかし、2015年12月28日に日韓は最終的かつ不可逆的に解決したことで合意していた」と紹介した。また、「合意内容には、被害者(元慰安婦)を癒やし、名誉を尊重するために日本が10億円を拠出することが含まれているが、賠償金ではない」とも伝えている。

一方で、「この日韓合意は韓国国民の不満を引き起こした」と指摘。「韓国外交部の作業部会は、2017年12月に、この合意の前に被害者との意思疎通が相当不足しており、民衆の怒りを容易に引き起こす秘密交渉を含んでいたと認定した。これを受けて文大統領は、『日韓合意には重大な瑕疵(かし)があり、慰安婦問題を徹底的に解決することはできない』と表明。しかし韓国政府は、合意を撤回するとはしていない」などと経緯を伝えた。

記事は、「日韓関係が悪化しているとはいえ、北朝鮮が韓国や米国と首脳会談を行うにあたり、日本は『日本外し』を心配し、焦って韓国を訪問して関係する事柄について話し合うことにしたとの見方がある」と伝えた。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/04/13 23:08)

    韓国政府は、国として何も定まっていない未熟者。 三カ国同盟、日韓友好条約、が有りながら韓国国内では当たり前に反日教育を行い、親日罪まで有る。 韓国は歴代の大統領が国内で事件を行い逮捕されているから知らないだろうが国連の席で反日を宣言するとは、韓国が日本に対して戦争を行いますと宣言するのと同等の行為だという事を把握してやっているのか? 北朝鮮との外交の前に韓国政府は国内で確りと自分達の事を決めるべきだ。 三カ国同盟、日韓友好条約を破棄して中国の俗国と成り北との統一を目指すのか? 親日罪を破棄して、日韓友好条約のまま続けるのか? アメリカは韓国の同盟国なのだから日本と同盟国を続ける異議が無い。 反日するなら日韓友好条約を破棄してくださいな。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 芥川 ***** | (2018/04/13 22:46)

    我が国の外務省は、究極の所世界の何れの国とも太いパイプを持って居ません。安倍はせっせとアメリカの尻尾を振り、今はトランプに靡いて居ますが、トランプは表面では友好的な態度を見せて居ますが、腹の内では安倍をあざ笑って居ます。今度の「北朝鮮案件」に関しても、日本は軍事的にも、経済力的にも、資源的にも、全く自立して居ないのに、強烈な圧力圧力と、傲慢なスローガンをがなり立てて、余計な反感を買って居ます。 米・朝会談に先駆けて日本の拉致問題も口添えを頼みに行く、とはよくも恥かしげも無く言えた物だ。本当に拉致問題を解決したいのなら、自分が乗り込んで行って膝詰談判をするべきだが、そんな勇気も気概も全く無い。命がけの気迫を見せなければ、世界の誰も相手にしてくれないのです。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hig***** | (2018/04/12 20:09)

    「日本はあせって・・・」の見方は基本的に 正しい。いつも見当はずれのコメントしかできない 中国のコメントだが、それにもまして日本アホ外務省 のアホ秀才たちの、やることなすこと、行き当たり ばったりの外交は、さすがに誰でも子供じみてると わかってしまうわなぁ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事