Record China

ヘッドライン:

レアアースの「中国依存」脱却を目指す日本、そう簡単にはいかない―中国メディア

配信日時:2018年4月12日(木) 13時10分
拡大
11日、観察者網は、日本の南鳥島沖の海底に世界需要の数百年分に相当するレアアースの存在が判明したことについて、日本はなおも中国依存から脱却できないとする記事を掲載した。資料写真。

2018年4月11日、観察者網は、日本の南鳥島沖の海底に世界需要の数百年分に相当するレアアースの存在が判明したことについて、「日本はなおも中国依存から脱却できない」とする記事を掲載した。

日本の最東端にある南鳥島(東京都)周辺の排他的経済水域(EEZ)の海底に、世界需要の数百年分に相当する1600万トン超のレアアース(希土類)が見つかったことが発表された。記事は「残念なことに、実用レベルの採掘技術がないために現状ではこの資源を利用できない」とし、東京大学の加藤泰浩教授が「今後10年で実際に使える採掘技術が開発できる」との見解を示したことを伝えた。

その上で「積極的にレアアースの輸入ルートを拡張し、レアアースに代わる原料の開発に力を入れ、中国からのレアアース輸入量も年々減少しているものの、日本は依然として中国のレアアースへの依存から脱却できない。他国のレアアースの質や供給能力が中国よりもまだ劣っており、日本の需要を満たせないからだ」と指摘した。

そして、2010年以前にはレアアースの90%超を中国から輸入していた日本が、13年には中国からの輸入を62%に減らし、フランスやベトナムなどからの輸入を増やしたほか、14年にはインドとレアアース協力生産合意を結び、さらにはカザフスタンなどの中央アジア諸国にも働きかけて、レアアース輸入リスクの分散を図ったと説明。一方で「今日に至るまで、その効果は思わしくない。日本が他国から輸入するレアアース資源の多くは軽レアアースであり、電気自動車や省エネ家電モーターに利用される重レアアースについては、依然として中国に大きく依存している」と指摘した。

その例として、電気自動車などの永久磁石材料として用いられ、99%が中国で産出されるジスプロシウムを挙げ、「日本は現在、技術革新によってその使用量を減らしてはいるものの、エコカーへの需要がますます高まる状況において、その重要性は依然として高い」と論じている。(翻訳・編集/川尻

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング